春ネイルのデザインで心も体もウキウキ♪

凍える冬が終わりになると心も体も軽くなりますね。

そんなウキウキした気分に合わせて爪先のオシャレもチェンジしたいところ。

春のネイルって…パステルカラーとか?とぼんやりとしかイメージが湧かない方のために、今回はネイルデザインってどんなのがあるの?という疑問にお答えして、過去に流行した春ネイルデザインをご紹介します!

スポンサーリンク

★春のネイルデザイン傾向

冒頭でもお伝えした通り、まず春のネイルとしてイメージするのが優しい色かと思います。

冬の落ち着いた色味から、気分と一緒で軽やかな色をベースとすることが王道となります。

そして春に向けて多く用いられるモチーフは、花柄です。

指先にちょこんと咲き誇る花は見るたびに気分も晴れやかになりますよね。

そしてポップなデザインも春になれば取り入れたくなりますね。

こうした王道のテイストは毎年メジャーなデザインですし、次からご紹介する流行は翌年以降は定番の一つとなって残り、年々デザインの種類の幅を広げています

 

過去数年のネイルデザインの傾向

●2014年のネイルデザイン傾向

2014年のキーワードといえば、ずばり「スモーキーパステル」でしょう。

グレージュ」とも呼ばれた、スモークがかかった様に少しくすんだパステルカラーで落ち着いた色味が流行しました。

そこに指し色としてゴールドのラインや豊富なストーンビジューをあしらったデザインがとても人気を博しました。

1024
画像引用元:http://www.news2u.net/releases/115441/items/1/

 

●2013年のネイルデザイン傾向

2013年はフレンチネイルに豊富なデザインが現れました。

フレンチネイルとは、爪の先を基本は白く塗ったデザインのことです。

フレンチネイルといえば、これまでの爪先をまるで本物の爪の様な割合で色を変えていましたが、2013年はフレンチネイルのフレンチ部分のデザインが豊富に提案されました。

 

●2012年のネイルデザイン傾向

2012年はモロッコネイルが人気を博しました。

モロッコネイルとは、ストーンやゴールドのビジューをモロッコ風のデザインでネイルに乗せたものです。

そしてモロッコネイルのエスニックなデザインに合わせてベースの色を指によって変えるデザインも流行しました。

C000791820_262-349
画像引用元:http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000086763/photo/PG000005417.html

 

●2011年のネイルデザイン傾向

2011年は玉虫色のネイル、逆フレンチダブルフレンチが目新しいものとして流行しました。

逆フレンチとは、爪の根元の半月の部分とベースの色とを塗り分けるデザインです。

ダブルフレンチは、爪先のフレンチ部分を2層に塗り分けるデザインのことです。

blog_import_4e91c91694bbe
画像引用元:http://3kmilecafe.blog.fc2.com/blog-date-20091227.html

 

いかがでしたでしょうか。

毎年様々なデザインが提案され、私たちは増々選択の幅を広げることができています。

小さな面積の中にぎゅっと詰まった思いは見ているだけで嬉しくなりますね。

また爪先がキレイですと他の部分への美意識も高まります。

次の春はどんなデザインにしよう…考えるだけでもウキウキとした気分になりますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする