柏餅の由来は? 子供に質問されても大丈夫!

もうすぐこどもの日ですね!

こどもの日には柏餅を食べる事が定番となっていますが、なぜ食べるのか知っていますか?

私は子供に柏餅の由来を質問されて答えられなかった苦い思い出があります (;^_^A

私の二の舞にならない為にも、そして知っておけばお子さんに質問された時に

「お父さん・お母さんは何でも知っててカッコイイ!」

なんて思ってくれる事間違い無し!?

もし質問されなくても、柏餅を食べながら柏餅の由来のお話をするのも良いですね!

スポンサーリンク

柏餅の由来は?

柏餅は日本独特のものです。江戸時代から続く伝統行事食です。

柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされていたことや、新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎ(家系)」が途絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起のいい食べ物となりました。

bee1afcd9e162d2321dc51edcb40107b画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama

柏餅の葉、外表と中表巻き方に意味はあるの?

柏餅の由来からは若干離れますが、柏の葉を外表に巻いているものと、中表(裏を外向け)に巻いているものがあります。

これは「小豆あんのときは外表」に、「味噌あんなら中表に巻く」など、中身の違いを表しているそうです。

124108954132116400920_09050111画像引用元:http://simplegohan.at.webry.info/200905/article_1.html

また、柏が手に入りにくい西の地方では、丸い形をしたサルトリイバラの葉が使われることが多いようです。

「柏」の字は本来はヒノキ科の針葉樹コノテガシワを指す漢字で、コノテガシワは柏餅に使う葉とは全く異なります。

柏餅に用いるブナ科のカシワには、厳密には「槲」の字を使うのが正しいそうです。

柏餅は千葉県の柏市と関係があるの?

柏餅の名前の由来はの中に千葉県の柏市との関係が??

「千葉県柏市の名物、柏餅です!」

と言いたいところですが、千葉県柏市の地名の柏は、もともと「河岸場」から転訛したとも言われており、「柏」という木とは余り関係ないものと思われます。

柏市では、柏が椎の木と共に市の木とて指定されているそうですが、柏餅に使われる木(ブナ科のカシワ)については、千葉県立柏の葉公園の日本庭園に植栽されている程度。

柏という字は前述したとおり広義には「ヒノキ科の針葉樹コノテガシワを指す漢字」です。その柏であれば柏市周辺には数多く植えられているそうです。

柏餅の餡、味噌餡は邪道?

柏餅の餡の種類は、つぶあん、こしあんのほか、みそあんがポピュラーです。

中部地方・九州など味噌餡が存在しない地域もあります。

なかには変わり種(餡)を販売しているお店もあり、チョコ・キャラメル・ヨーグルト・フロマージュブランなんて餡もあるそうです。

また、おもちがヨモギ餅や豆餅だったり皮の方にもいくつか種類があります。

ちなみに私は味噌餡やヨモギ餅の柏餅が好きです(笑)。
images
画像引用元:http://blog-shinjuku.takashimaya.co.jp/food/201105/article_1.html

 

こどもの日の関連記事はこちらにもあります。

 

こどもの日には柏餅を食べる他、粽を食べたり、菖蒲湯に入ったり・・・

子供の成長を願って日本の伝統行事を、子供にも理解して受け継いでもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする