こどもの日の由来って?こどもからの予想Q&A集(笑)

5月5日はこどもの日端午の節句ともいいますね。

男の子の成長を祝い、鯉のぼりを飾り、柏餅や粽を食べ、菖蒲湯に入る・・・。

こういった伝統行事をしていると、好奇心旺盛なこども達はお父さん、お母さんに質問攻めをしてくるでしょう。

そんな時に答えられるように知っておくと、こども達の親への尊敬の他、きちんと理解して伝統行事を行えることになりますので損はないと思います。

ということで、今回はよくある質問についてまとめてみました!

スポンサーリンク

こどもの日の由来より:こどもの日になぜ鯉のぼりを飾るの?

最近はマンションやアパートが増え大きな鯉のぼりを飾る家は減りましたが、小さいものをベランダなどに飾る家を多く見かけますね。

時代が武家社会に移るにつれ、これまでの風習が廃れ江戸時代には、徳川幕府の重要な式日が5月5日と定められていました。

将軍に男の子が生まれると「のぼり」を立ててお祝いをしていましたが、そのお祝いは武家の間でも広がり、次第には庶民にも広まっていきます。

そこで立場の低い庶民は「武家には負けてられない」と立身出世として言い伝えられていた「中国の鯉の滝登りをイメージし、のぼりに鯉を描いてお祝いしたことが鯉のぼりを上げる始まりとされています。

鯉が滝をのぼり竜になって天に昇った言い伝えから「子供に立派に育ってほしい」との願いが込められています。その言い伝えからは鯉は出世魚と呼ばれることもあります。

また、商人の家では「のぼり」ではなく、吹流しを飾っていました。それが、のちに吹流しだけではつまらないと、鯉の絵が描かれるようになったとも言われています。

cd5b08d1945b2d5ae9ebd760d1880807-300x182画像引用元:http://rubeusu-trend.com/4531/

こどもの日の由来より:なんで女の子の節句は平日なのに男の子の節句は休日なの?

よくある質問ですね。私もこどもの頃同じ質問をした気がします。

女の子の節句(3月3日・雛祭り・桃の節句)男の節句(5月5日、端午の節句)という様に考えられていると思いますが、それがそもそもの誤りです。

「こどもの日」

もとは月の端〔はじめ〕の午〔うま〕の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。

しかし、午〔ご〕と五〔ご〕の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。

当時は邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた「菖蒲」を、よもぎと共に軒にさし、あるいは湯に入れて「菖蒲湯」として浴しました。

5月5日は「こどもの日」として、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨として、1948年に国民の祝日として制定されました。

当時こどもの日の候補は3月3日もありましたが、国会に寄せられた声には5月5日を希望するものが多かったといいます。

その背景には大正デモクラシーと呼ばれる社会運動のひとつに児童愛護運動があり、児童愛護デーとして広まっていた日が5月5日であったという事でもあります。また、当時は男尊女卑の時代であったからとも言われています。

しかし今では「こどもの日」は男女ともに祝う国民の祝日とされています。

端午の節句(5月5日)とは?

もとは月の端〔はじめ〕の午〔うま〕の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。

しかし、午〔ご〕と五〔ご〕の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。

節句ってなに?

季節の折り目を指し、「節供」とも言われています。

神様に供える食べ物を意味し、やがては、年中行事を指す言葉で奈良時代に中国から日本に伝わり江戸時代から以下の5日が公式に法制化された式日になり五節句と呼ばれています

五節句

  • 1月7日  :  七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」 別名「七草の節句」
  • 3月3日  :  ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」 別名「桃の節句」
  • 5月5日  :  男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」 別名「菖蒲の節句」
  • 7月7日  :  おり姫、ひこ星の物語で有名な「七夕(たなばた)の節句」
  • 9月9日  :  菊花の香りの酒で月をめでる「重陽(ちょうよう)の節句」 別名「菊の節句」
つまり、「端午の節句」と「こどもの日」を別物と考える方が正しいと思います。

それがともに5月5日であるということで「端午の節句=祝日」と考えてしまう方が多いのです。

こどもの日の由来より:なぜ柏餅をたべるの?

柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされていたことや、新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎ(家系)」が途絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起のいい食べ物となりました。

詳しくは別の記事に書いていますので、よろしかったら読んでくださいね!

こどもの日の由来より:外国では子供の日はある?

実は世界各国にこどもの日は存在します。

こどもの意見を尊重すること、大人がこどもの利益を奪ってはいけないとことなどを定めた「こどもの権利条約」の締結をきっかけに、多くの国々で「こどもの日」が制定されています。

世界のこどもの日

韓国

5月5日。日本と同じですが、韓国では老若男女だれもが主役。食べて、歌って、踊って、にぎやかに一日を過ごすそうです。

メキシコ

4月30日 プレゼントを買ってもらえる日でおもちゃ屋さんは大忙しだそうです。

トルコ

4月23日 初代大統領となったアタチュルク氏が、子どもたちへの贈りものとして制定したそうです。

北朝鮮

6月1日 北朝鮮にあるのは意外でした。北朝鮮ではこどもの日は祝日ではないため、親が休みをとって子どもと行事に参加することも多く、歌や踊りが披露されたり、制服を身に着けた子どもたちが足並みをそろえて行進する、模擬軍事パレードも実施されるらしいです。

こどもの日の由来より:なんで菖蒲湯に入るの?

菖蒲の根や葉を入れて風呂を沸かして入ります。

その歴史は中国の古い歴史にまで遡るといいます。

菖蒲は昔から病邪を払う薬草だと考えられ、災厄を逃れ、邪気を祓うという他に暑い夏を丈夫に過ごすなんていう意味もあるのだそうです。

また、江戸時代から端午の節句や武士の出陣前に武運長久を願って菖蒲湯に浸かったことが起源とも言われています。

syoubu-yu200
画像引用元:http://allabout.co.jp/gm/gc/220751/2/

こどもの日の関連記事はこちらにもあります。

いかがでしたか?ゴールデンウィークで旅行をしてなかなかこどもの日をお祝い出来なこともあるでしょうが、お子様の成長のためにもきちんとお祝いをしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする