乗馬ブーツのおすすめブランドであなたも足元美人!

「乗馬ブーツ」「ジョッキーブーツ」と呼ばれる形のブーツは、ヨーロッパの貴族のスポーツである乗馬の時に着用されているものが元になっているため美しく機能的なデザインです。

ふくらはぎ全体まで覆うスッキリしたフォルムと、鐙(あぶみ)に足をかけるためのヒールが絶妙なバランスを醸し出しています。

様々なブランドから出ているジョッキーブーツですが、この世界にも老舗や特に人気のあるブランドがあります。

今回は、脚を長く細く上品に演出してくれる乗馬ブーツの良さとおすすめブランドを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

●乗馬ブーツの種類

基本的な形は冒頭で述べた通りですが、当然、色形や材質がブランドによって異なります。

フィットするデザインであることが前提なため、履き心地が重要なポイントとなってきます。

ファスナーの位置や長さ履き口にゴムが仕込まれているため横方向への伸縮性があるデザインのもの等もあります。

飾りベルトが着いているデザインのものも多いです。

またご自身の脚の形にフィットし美しい脚のフォルムを出すことのできるデザインのものを選ぶと良いでしょう。

購入の際は必ず試し履きをされてみてください。

sr2401b6
画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/apt/10004945/

 

●おすすめ乗馬ブーツブランド

・SARTORE(サルトル)

「世界一美しい」と称されるブーツを作るフランス発祥のブランドです。

10万円前後と高額ではありますが、流行に左右されないデザインと型くずれしにくい耐久性に優れた伝統の製法により、きちんと手入れをしさえすれば、まさに「一生もの」になる点が人気の由来です。予算さえゆるせば一番のおすすめブランドです(笑)。

美しいフォルム・色・皮の質感は職人による手作業によって産み出されています。

 

・Palanco(パランコ)

スペイン発祥のブランドです。

様々な形の革靴を作っています。

価格は5万円程。

こちらも「一生もの」となり得る質の靴です。

 

・Fin(フィン)

日本のブランドです。

上記2ブランドよりもカジュアルなデザインで履き心地の良さに定評があります。

価格は3万円程。こちらもおすすめ!

 

●乗馬ブーツのお手入れ

ロングブーツなため比較的蒸れ易い形状と言えるでしょう。

そのため、帰宅後は形を保ち通気を良くするためにブーツキーパーを利用してください。

折り曲げたまま保管しないようにしましょう。

外に履いて出かけることが前提ですので撥水加工等はされているとは思いますが、極力水に濡れないようにしましょう。

革製品は適時油分を塗ってやると長持ちしますが、そのブランドの靴特有のお手入れ法があるので、購入時に確認しましょう。

boots09
ブーツキーパー…ふくらはぎ部分の形がしっかりキープされます
画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/welfare-channel/boots01/

 

img55686282
ブーツキーパー…利用しやすいものです
画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/kaderia/h432/

 

いかがでしたでしょうか。

幅広い年代の女性に似合い脚を美しく見せる乗馬ブーツはこれからの時期に重宝します。

ぜひお気に入りの一足を見つけてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする