雑煮レシピ!人気があるのは関東風、それとも関西風?!

一年の無事を祈りながら食べるお正月の伝統的な日本料理「お雑煮」。もともとは室町時代に本膳料理の前菜として生まれたそうです。

今ではお正月の料理として欠かせないお雑煮。そのレシピは、お餅の形から、だし・具の種類にいたるまで地方によって、家庭によって様々です。

お餅も関西では丸餅、東京など関東では角餅です。なんでも江戸時代の頃、江戸に人口が集中して一つずつ手で丸める丸餅よりも手っ取り早く数多く作れる角餅の方がいいということで角餅が、一方関西では、昔から丸餅が円満であるという意味を持つ縁起物であることから丸餅が使われていたそうです。



関ヶ原の戦いの影響を受け、岐阜県の関ヶ原を境に西日本は丸餅、東日本は角餅に分かれたという説もあるようですが。

汁の味も、関西は白みそ仕立て、東日本では圧倒的にすまし汁仕立てです。出雲地方や能登半島の一部などでは小豆汁のお雑煮を食べる地域もあるそうです。

スポンサーリンク

●関東風の人気お雑煮レシピ

しょう油仕立てのすまし汁に焼いた角餅を入れたスッキリとした味わいのお雑煮です。
①鍋にかつおだしと塩、しょう油、お酒を入れてひと煮立ちさせます。
②ひと口大のそぎ切りにした鶏肉と戻したシイタケ、人参を①に加え、やわらかくなるまで煮ます。
③焼いた角餅と塩ゆでした小松菜、なるとをお椀に入れ②の汁を注ぎ、最後に三つ葉とゆずを飾って出来あがり。

関東風雑煮

関東風雑煮
画像引用元:http://filato.exblog.jp/m2009-12-01/

●関西風の人気お雑煮レシピ

丸餅を焼かずに煮た白みそ仕立ての甘い味わいのお雑煮です。
①里芋、大根、人参を食べやすい大きさに切り、煮くずれしないように面取りして下ゆでします。
②鍋に昆布だしと具を入れ、ひと煮立ちしたら西京みそを入れ、餅を加えます。
※丸餅は電子レンジで加熱(500W で30~40秒)してから加えます。
③お椀にそそいで花かつおをふんわりかけて出来上がり。お味噌を入れてからあまり煮立たせないようにしましょうネ!

関西風雑煮

関西風雑煮
画像引用元:http://www.misbit.com/recipe/printable/600_420/3198.jpg

●日本各地には珍しいレシピのお雑煮がいろいろあります。

鹿児島の雑煮は「エビだし」だそうです。干しえびを一昼夜水につけてだしを取り、シイタケや豆もやし、青菜、里芋を入れて風味豊かに仕上げるそうですよ。

鹿児島お雑煮

画像引用元:http://www.city.kagoshima.lg.jp/syokuiku/index/tells/list/_39727.html

ちなみに鳥取のお雑煮はこんなです。
 

長野や長崎では出生魚のぶりをお雑煮に入れるそうです。福井ではかぶと赤みその「かぶら雑煮」。香川では白味噌仕立ての汁にあんころ餅。徳島はいりこだしにしょうゆ味のお豆腐と里芋だけの餅のないお雑煮ですって。

ほかにもいろいろなお雑煮がありますが、こんなに地域によってお雑煮の人気レシピって違うんですネ。

関東風、関西風どちらが人気!なんて比べられないです。どれもこれもみなおいしそうですもの!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする