新入社員必見!失敗しない自己紹介のポイント

内定をもらって春からは新社会人。

新入社員となり職場で大きな夢や希望を持って働くことにワクワクソワソワしているのではないでしょうか?

新入社員は会社の規模や職種にもよりますが、自己紹介の場がとても多くありますshinsyakaijin_run

画像引用元:http://www.irasutoya.com

例えば、入社の挨拶、歓迎会、朝礼、関連部署や取引先等・・・

学生の頃にはほとんどなかった自己紹介に苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?

新入社員は最初の自己紹介でいかに印象良く思ってもらうかが、今後の仕事をしていく中で重要なポイントです。

少しでも自分の名前を覚えてもらえる様に、良い印象を与えられる様にしっかり準備しておきたいですね。

そこで、今回は新入社員の方必見!自己紹介のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

失敗しない新入社員の自己紹介 ポイント1:自己紹介とは?

自己紹介とは、初対面などの相手に対して、氏名をはじめとする自分に関する情報を自分自身で知らせることを指します。

奇をてらう必要はないですが、自己紹介の型を覚え、自分の名前を覚えてもらうためにも自分らしさを含めた自己紹介にしたいですね。

まずは、自己紹介の型(構成)を覚えましょう。

失敗しない新入社員の自己紹介 ポイント2:自己紹介の型(構成)とは?

  1. 簡単な自己紹介
  2. 今後の抱負
  3. 支援や指導をお願いする言葉
基本的なものは以上の三つ。

o0300020020140325-00000005-mynavis-1-00-view画像引用元:http://news.ameba.jp/20140325-339/

具体例

「先ほどご紹介にあずかりました、○○○と申します。よろしくお願い致します。出身は○○○で、学生時代は○○○をしておりました。今後は、○○○に興味があるので、○○○をしたいと考えています。一日も早く仕事を覚えられるよう頑張りますので、ご指導のほどよろしくお願いします。」

長すぎる自己紹介は敬遠されます。シンプルで簡潔に話すことを心掛けましょう。

失敗しない新入社員の自己紹介 ポイント3:自己紹介をする時のポイント

1.事前準備

自己紹介の機会は必ずあります
本番で緊張して失敗しないためにも事前に話す内容を準備しておきましょう。

2.大きな声で話す

大きな声でやる気をアピールできます。

3.前を向く

下を向いて話すと暗い・やる気が無い等とマイナスのイメージになります。
目を見るのが苦手な人は相手のおでこを見て話すようにしましょう。

8Z8NqeOkYtlBwBG_22529画像引用元:http://girlschannel.net/topics/195674/

いかがでしたでしょうか。

大勢の前で行う自己紹介は緊張するものです。

緊張して目が泳いだり、声が小さくなったりしまわないよう本番に向けてしっかりと準備をしておきましょう

本番は謙虚な気持ちと感謝の気持ちを忘れずに、自信をもって堂々と話しましょうね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする