結局最後は時短勤務に行き着いた|いつまで可能?給料は?

出産を機に、産休、育休を取り、次に考える制度のひとつである「短時間勤務制度」

近年では、子育てママとして職場復帰をする時に利用する人も増えています。

「出産後も仕事は続けたい」、「キャリアに傷をつけたくない」という大企業に勤務をしていたOLさんの利用は多い様です。

その一方で、中小企業に勤務していたOLさんは、出産を機に退社する人も多く、経験者の話を聞くこともあまり多くないようです。

「時短勤務(短時間勤務制度)」の気になるメリットやデメリットは?

いつまで「時短勤務(短時間勤務制度)」は可能でお給料はどうなるの?

等々の疑問が少しでも無くなるように、今回は、出産・子育てをしながらも職場復帰を検討している女性を応援するべく、「時短勤務(短時間勤務制度)」についてお話したいと思います。

時短勤務 いつまで 給料画像引用元:http://medicalplatform.jp/agent/dental-hygienist/276/

スポンサーリンク

「時短勤務(短時間勤務制度)」とは?

通称「時短」とも言われ、「改正育児・介護休業法」で定められている法律です。

従業員(常時雇用労働者)数101人以上の会社は2010年6月30日、従業員数(常時雇用労働者)が100人以下の会社は2012年7月1日から義務化されています。

原則1日6時間(短縮後の所定労働時間は1日5時間45分から6時間)の短時間勤務ができる制度を作り、就業規則に規定するなど制度化された状態にしなければなりません。

100人以下の会社での義務化は、数101人以上の会社よりも2年後の義務化でまだ最近ですね。中小企業で時短を利用されている方が少なかった理由のひとつだといえます。

条件がいくつかありますが、フルタイムで勤続1年以上勤務をしていたOLさんでしたら適用される場合がほとんどです。就業規則等を確認しましょう。

「時短勤務(短時間勤務制度)」はいつまで利用可能なの?

「3歳未満の子を養育する従業員であって、短時間勤務をする期間に育児休業をしていないこと」とあります。
いくつかの条件はありますが、育児休暇の期間終了後に利用する人がほとんどです。

なお、会社によっては、法律で定める以上の制度を設けている場合もありますので、就業規則等を確認しましょう

「時短勤務(短時間勤務制度)」を利用するとお給料は減るの?

「改正育児・介護休業法」では、短縮された時間に対する賃金の保障までは求めていません

このため、働いていない分は払わない会社が多いと言われています。

賞与の算定や退職金の勤続勤務年数の算定についても、時短勤務によって働かなかった時間や日数部分を差し引くことは、不利益な取り扱いには当たらないと考えられています。

給与が減った場合、年金保険料も下がり、将来の年金受給額が減ってしまいます

しかし、改正育児・介護休業法に基づく時短勤務では、給与が減る前の金額を基に保険料を払っているものと見なして、将来の年金受給額が減らない特例措置がありますので利用してくださいね

「時短勤務(短時間勤務制度)」のメリットとデメリットは?

では、短時間勤務制度を活用することで、メリットとデメリットはどういったものがあるのでしょうか?

メリット

育児時間の確保

フルタイムよりも早く帰れるので、子供の育児に充てる時間が増える他、子供の体調が悪い時でも退社後に通院出来きます。

キャリアの継続

退職をせずに仕事を継続出来る為、キャリアに傷が付かず、退職して一から違う会社で・・・という不安もありません。

柔軟な働き方

本人が短時間で何時~何時までを指定できる他、繁忙期に合わせて労働時間の調整をする等柔軟な働き方ができます。
そのため、フルタイムで働いていた頃よりも家事や育児、趣味などに時間を使いやすくなります。時短勤務 いつまで 給料

画像引用元:http://www.chuokai-yamagata.or.jp/

デメリット

責任ある仕事を任されにくい

子供の急病などでの遅刻・早退・欠勤等で仕事に支障が出ない様に“雑用や簡単な仕事”をさせられることが多いです。
今まで責任のある仕事をしていた人なら特に仕事にやりがいを持てないかもしれません。

収入減少

賃金については法律で規定がされていません。企業ごとに労使の取決めによる事項になりますので、給与を減らさなくても法律違反にはなりません。

しかし、多くの会社は短縮した時間分だけ賃金を引き下げる措置をとっているのが現状です。基本給をもとに時給換算し、時短している分を差し引く計算方法です。

例えば、給与額が減少し3分の2になったとしても、社会保険料なおdの税額が3分の2になるわけではないので、手取り額が少なくなったと感じるケースがあります。

また、あなたが希望した時間が所定労働時間となります。2時間の時間外勤務をした場合、法定労働時間の8時間を超えていませんので「2時間×時間単価の支払い」となり、「時間単価×1.25」の手当支給をする必要がないので、フルタイムで働いていた頃の時間外手当とは計算方法が異なります。

時短勤務 いつまで 給料画像引用元:http://itmama.jp/2014/04/17/58365/

教育(研修など)を受ける機会の減少

子どもの急な発熱などで休まざるを得ない状況下では、突発的な事案の対応や指揮命令を行うといった責任のある仕事を任されにくいでしょう。

育児期間中という社会的立場に甘んじてしまい、キャリア形成志向が薄れていくならば、あなたと会社の両方にとってデメリットになります。

「時短勤務(短時間勤務制度)」を利用する前に。心構えは?

実は周囲からの不満が多く出る事も事実です。

「時短組のしわ寄せがきている。こんなの公平じゃない」という声も多い様です。
しかし、これは企業側の柔軟な環境づくりが必要となりますので、制度を利用する際に企業側にも相談しておくと良いでしょう。

時短勤務 いつまで 給料画像引用元:https://locari.jp/posts/13293

近年、短時間勤務制度を利用して”働く子育てママ”が増えている為利用しやすくなり、企業側の環境も女性が職場復帰しやすい環境を整える努力をしています。

あなたのキャリアと可愛いお子様の事を考えると、短時間勤務制度を利用しても働くことは良い選択だと思います。

3歳までは制度を利用できますので、どのタイミングでフルタイム勤務に戻すかも視野にいれて、企業側と相談して職場復帰してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする