スマホ用手袋で寒い屋外でも快適ケータイ操作! 

スマホの普及率が年々上がってますね。

寒い季節になっても屋外で使用する頻度は高いのですが、タッチスクリーン式は手袋をしたままでは操作できない点が悩むところ…。

タッチペンを使用すれば事無きを得るのでしょうが、それはそれで面倒だったり無かったり…。

今回は、そんな問題を解決してくれるスマホ用の手袋を紹介したいと思います。



●スマホ用手袋で手袋をしたまま画面を操作できる仕組み

スマホ用手袋とは、手袋をしたままでもスマホ画面等のタッチスクリーンを操作できる手袋のことです。

その仕組みは、手袋の(主に)指先部分に電気を通す繊維が編み込まれていて、指からの電気を繊維に通すことでタッチスクリーンを操作できるというものです。

そのため、中にもう一枚手袋をはめていたりして電気の流れを遮ってしまいますと効果は発揮されません。

379-364807img01
画像引用元:http://store.shopping.yahoo.co.jp/iplus/379-3648.html

 

●スマホ手袋購入の際のポイント

ではスマホ用手袋といっても購入時はどんな点に注目すれば良いのでしょうか?

導電部分の数…親指と人差し指の2本、中指も含めた3本5本全てと指先の電気を通す部分が各ブランド・メーカーの手袋によって違います。

右手用と左手用の差…右手のみに導電部分があるという製品も。左利きさんは特に注意です。

滑り止めの有無…スマホ操作が目的の人が多いと思うので、手袋の手のひら部分に滑り止めがついていると安定して操作できます。

認識性・操作性…中には導電具合が悪くて上手く操作できないものも…。

防寒性…手袋としての基本的な機能ですね。

つけ心地…ゴワゴワしていて操作し辛ければ本末転倒というものです。素材もウール・革・ナイロン・ポリエステル・アクリル等とバリエーション豊富です。サイズも大きいと滑ってしまい操作しにくくなりますので可能でしたら試着してみてください。

デザイン

価格…100円均一でも取り扱いはあります。

携帯性…コンパクトなサイズになるか、左右の手袋をひとまとめにできるか等です。

これらを考慮してご自身の目的に合ったお気に入りを見つけてみてください。

 

スポンサーリンク

●レディース用スマホ手袋

カジュアルでユニセックスなものから、華奢でノーブルなものまでデザインのバリエーションはどんどん増えています。

リボンやラインストーンが着いたものもかわいいですね。

inobun_046922_4
画像引用元:http://store.shopping.yahoo.co.jp/inobun/046922.html

 

●メンズ用スマホ手袋

こちらもデザインは豊富です。

海外製品も多いのでサイズ表記だけで選ぶと日本製のサイズと違う場合がありますので注意してください。

uyunii_d10001_4
画像引用元:http://store.shopping.yahoo.co.jp/uyunii/d10001.html

 

いかがでしたでしょうか?

スマホユーザーだけでなく、ATM等の操作にも便利なこのアイテムです。

またプレゼントにも良いですね。

ぜひお気に入りの一品を探してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする