大阪国際女子マラソン2015はこれまた熱い!

来年の2015年 第34回大阪国際女子マラソンが楽しみですね。
大阪国際女子マラソン コース はヤンマースタジアム長居をスタート地点とフィニッシュ地点として、往復するようなコースになっています。

2015年 大阪国際女子マラソンの概要を知りたい!画像引用元 http://blog.neet-shikakugets.com/archives/18299/
平坦な走りやすいコースになっているようで、坂道などが無く、市街地を走し続ける感じのようです。コースが一番気になるところですが、坂道などは無いようなので、走りやすそうですね。

参加者の中には、毎回出場している、強豪選手もいたりするようです。
多くの外国選手も出場しているので、毎回誰が優勝するのか楽しみでもありますね。


スポンサーリンク

大阪国際女子マラソ2015の参加資格って?

大阪国際女子マラソンでは参加資格がある方のみが参加できるようになっています。

大阪国際女子マラソンは、誰でも簡単に出場できる大会ではなく、2014年の日本陸上競技連盟の登録者で19歳以上の女子という決まりがあり、外国人の選手も日本陸上競技連盟が推薦する選手が出場できる決まりになっているようです。

誰でもすぐに参加できると思っていたのに残念、と思ってる人も多いと思いますが、企業内の所属選手が毎年徐々に記録を上げてトレーニングしている選手が多いため、選ばれた選手が多いこともあります。

参加標準記録をある期間に突破するなどが求められるようです。
参加資格は以下のようになっているので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

<参加資格>

2014年日本陸上競技連盟登録者
大会当日満19歳以上の女性競技者
参加資格タイム(2013年1月1日以降の公認タイム)
フルマラソン  3時間13分以内
30km  2時間13分以内
ハーフマラソン 1時間30分以内
20km 1時間25分以内
10000m、10km  37分以内
※前回の参加資格フルマラソンは3時間15分以内でしたが、今回は2分短縮の3時間13分以内に変更されたようです。
500_10854830画像引用元 http://4travel.jp/travelogue/10854830

 2015以前の大阪国際女子マラソン過去3年の結果は?

2013大阪国際女子マラソン
2012年大阪国際女子マラソンの優勝者天満屋所属選手、重友梨佐選手でしたね。彼女はロンドン五輪に引き続き2度目のマラソンで、優勝しました。

2位はロシア出身の選手タチアナ・ガメラシュミルコ選手でしたね。3位は世界選手権代表 野尻あずさ選手でした。

2013年の結果では、ガメラシュミルコが優勝し、木崎良子選手に先を越される形になった野口みずき選手が3位という結果を残しました。

2014年の結果はウクライナのタチアナ・ガメラシュミルコ選手が優勝し、2年連続優勝を手に入れました。

2015はどんなドラマが生まれるか、とっても楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする