フェイクファーのコートでふわもこハッピー!

毛皮のコートといえばゴージャスでお高いイメージですが、毛皮のコートよりも安価カジュアル色柄も豊富なのがフェイクファーコートです。

本物の毛皮の様な重厚感があるものは少ないですがその質感は年々上がっているため、普段使いはもちろんのことパーティードレスにも合うお役立ちアイテムです。

フワフワモコモコの表面でおもわずぎゅっとしたくなるかわいさがあります。

今回はそんなフェイクファーのコートを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

●レディース用のフェイクファーコート

モッズコートやダウンジャケットの襟、フードの淵、袖口など部分的に使われているものから全体がフェイクファーで作られたコート等その形の展開は様々です。

色もフェイクならではで、薄いピンク等本物の毛皮ではないかわいらしい色や柄入りのものと多岐に渡ります。

そのため、よりカジュアルで気軽な場で着る機会が増えています。

若い女の子向けはもちろん、子ども用のものも増えています。

ct-9341-mi_1
画像引用元:http://styleblock.jp/item/96.html

 

●通販であなたにぴったりなフェイクファーコートを選ぶ

Amazon.com楽天Yahoo等の大手総合通販サイトやzozotownRyuRyu等大型ファッション専門サイトはもちろん規模の小さなファッションサイトでも取り扱いは増えているため、豊富な種類から選択することができます。

多くの商品からキーワード価格帯等でお目当ての商品に絞り込めるのが通販の強みと言えるでしょう。

一方で毛の質感や着心地は実際に手に取らなくては分からない部分だとは思います。

イメージと違った、という場合のアフターケアもどんどん手厚くなっていますので、規約をよくふまえた上でぜひとも利用してみてください。

 ●クリーニング(洗濯)上手で長持ちに

フェイクファーコートの難点といえば手入れに比較的手間がかかるという点でしょうか。

それでも自然素材である毛皮よりは化学繊維なためずっと手入れがしやすいので、ぜひこまめなケアで長持ちさせてください。

普段のお手入れは、汚れた部分は堅くしぼった布で上から叩く様にして汚れを取り除きましょう。

雨や泥で濡れた場合はできるだけ早く水分を取り除くようにしてください。

クリーニングに出す場合は、ものにもよりますが1000~2000円で引き受けてもらえます。

洗濯表示をよく見て店員さんと相談してみてください。

家で洗濯したい場合は、原則洗濯表示に従ってください。

多くのものは、洗濯機での洗濯は毛がからんだり固まってつぶれた玉のようになってしまいますので避けましょう。

お家での洗濯は、たっぷりのぬるま湯をためた場所(洗い桶や洗面所のシンク)で中性洗剤を溶かし、静かに押し洗いをしてみてください。

この時、毛足の長いものは水の揺れで毛が絡まる場合がありますので気をつけながら行ってください。

脱水は大判のバスタオルに挟んで軽く押して水分をタオルに吸収させる程度にしてください。

洗濯機で脱水をかける場合は、数十秒~1分程度にしましょう。

干す場所は屋外ですと砂埃や塵が毛足に絡まることがあるので屋内がオススメです。

手で毛並みを整えてあげてください。

 

上記とは少々勝手が違いますが…洗濯王子がシャンプーとリンスを使ったお手入れ方法を紹介している動画です。こちらも参考にされてみてください。

本物の毛皮のコートは動物愛護団体などから批判されていることもあり、益々フェイクファーコートの需要がたかまるでしょう。

本物の毛皮のコートとは別物と割り切って、オシャレを楽しむのがいいようですね。

どんどん種類も豊富になってきていますので、今後も期待しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする