陶炎祭2015に行こうと思っています。車でも大丈夫ですか?

陶炎祭2015は、ゴールデンウイークの4月29日~5月5日に茨城県笠間市の笠間芸術の森公園で開催される陶器のお祭りです。今回で34回目を迎えます。

老舗の窯元から新進気鋭の陶芸家までの作品が集められる焼き物市で、会場には約200軒ものお店が集り、個性豊かな店作りと作品で迎えてくれます。

陶炎祭 2015
画像引用元 http://yasuraginomelody.blog78.fc2.com/blog-entry-1076.html

期間中は多くの人が訪れ、かなりの混雑が予想されます。できれば公共の交通機関を利用されることをおすすめします。会場より少し離れたところに大規模の駐車場も用意されますが。

スポンサーリンク

陶炎祭2015の開催場所

陶炎祭(ひまつり)2015は、4月29日(水)~5月5日(火)に開催されますが、会場となる笠間芸術の森公園は、茨城の新しい文化の発信基地として、伝統工芸と新しい造形美術をテーマとした公園です。芝生や石畳など、歩きにくいところもありますので、スニーカーのような歩きやすい靴で行かれるといいですよ♪

 陶炎祭2015!会場への交通情報

常磐線を利用する場合は、上野駅から乗って「友部駅」で下車します。普通電車の場合で約2時間特急電車の場合は約1時間で到着します。特急「フレッシュひたち」全列車と、上野7時発の「スーパーひたち3号」が停車します。友部駅の北口から無料シャトルバスが出ていますよ

高速バスを利用する場合は、東京駅八重洲南口より(赤塚駅経由)水戸駅行に乗って赤塚駅北口で下車し、赤塚駅からJR常磐線、水戸線経由で笠間へ向かいます。

・秋葉原からは、関東焼き物ライナーが利用できます。また、祝日・土日限定で、笠間と益子を結ぶワンコインバスも運行します。詳しくは茨城交通サイトで確認してください。

車で行かれる場合は、東京方面からは常磐自動車道・岩間IC~国道355号線、水戸IC~国道50号線、北関東自動車道・友部IC~国道355号線のルートを利用するといいですよ。栃木・群馬方面からは北関東自動車道・笠間西ICが便利かもしれません。

陶炎祭2015!会場周辺の駐車場

笠間芸術の森公園会場周辺の道路はかなりの渋滞が予想されます。電車やシャトルバス等の公共交通機関を利用されるか、会場から少し離れた大規模駐車場を利用するのがおすすめです。できれば、午前8時には会場の駐車場に着くようにするといいですよ♪

●陶炎祭駐車場

陶炎祭開催期間中は、会場の駐車場及び会場付近の道路は非常に混雑します。
駐車料金:普通車300円

●大規模臨時駐車場

大規模臨時駐車場には、友部臨時駐車場と教育研修センター臨時駐車場があります。常磐道岩間IC、友部SAスマートIC、友部ICから行かれる方にはおすすめです!開催期間中限定の無料駐車場!駐車場からは会場までシャトルバス(100円)が運行されます。会場から少し離れた駐車場ですが、混雑を避けながらスムーズに会場に行くことができますよ♪

【シャトルバス】
■友部臨時駐車場 ⇔ 陶炎祭会場・東ゲート
運賃:片道100円(小人50円) / 所要時間:約20分
<運行スケジュール>
友部臨時駐車場発➪芸術の森東口ゆき 8:30 約10分間隔で運行 16:30

芸術の森東口発➪友部臨時駐車場ゆき 9:10 約10分間隔で運行 17:10

■教育研修センター臨時駐車場 ⇔ 陶炎祭会場・東ゲート
運賃:片道100円(小人50円) / 所要時間:約10分
<運行スケジュール>
教育研修センター臨時駐車場発➪芸術の森東口ゆき 8:30 約10分間隔で運行 16:30

芸術の森東口発➪教育研修センター臨時駐車場ゆき 9:10 約10分間隔で運行 17:10

※シャトルバスは、道路状況などにより時間通りに運行できない場合があります。また満員の場合は乗車できないことがあります。

●笠間市内臨時駐車場

陶炎祭開催期間中は、笠間市内に臨時の駐車場を設置しています。会場までは徒歩や無料の周遊バスで行くことができますよ。

【市内周遊バス】
笠間市内の無料駐車場付近から乗車できる無料の周遊バスです。
9:00~17:00まで約1時間間隔で往復運行

※市内周遊バスも、道路状況などにより時間通りに運行できない場合があります。また満員の場合は乗車できないこともあります。

【無料周遊バス】
期間中全日運行する無料の周遊バス。陶炎祭会場は東ゲート発着となります。稲荷駐車場、佐白山麓駐車場をご利用の方にはおすすめです!
9:00~17:00まで30分おきに運行します。

※無料周遊バスも、道路状況などにより時間通りに運行できない場合があります。また満員の場合は乗車できないこともあります。

★笠間の陶炎祭2014の様子です。
陶芸好きにはたまりませんが、焼き物にあまり興味がないという方でも、結構楽しめそうですヨ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする