自動運転車実用化に向けての走行実験★イギリスにて

来年の1月から日本や米国に続けと、英国が実用化に向けて自動運転車の公道実験を行う予定です。

実験促進のために約17億4千万円を技術開発にむけて、投資をするようです。
結構な額の投資ですね。

自動運転車の開発は日本やアメリカではもうすでに実現化しているところもあり、その流れで、英国も負けてはいられないというところでしょうか。



米国では、大手IT会社グーグルがネバダ州や、カリフォルニア州などで走行実験などをしていましたよね。

英国はそれ以上の規模で公道実験を行うようです。

スポンサーリンク

●日本の自運転実験

日本でも、去年、日産、トヨタなどで、公道実験を行いました。

英国では車の運転は私道に限定されていたため、政府は今後の法改定などを
定め、国内で3か所の場所を選び、自動運転車実用化にむけての実験をする予定のようです。

自動運転車についてはまだまだ実験段階なのか、多くの人が自動運転車には様々な問題があると言う人たちもいるようです。

現在、日本でもまだ実験段階であり、公道走行は認められていないようです。
それでもいつかは自然に優しい自動運転車に乗っている人たちを多くみる時代がやってくるのでしょうか?

英国の自動運転車実用化に向けての走行実験ってどんなことするの?画像引用元 http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/39073707.html

走行実験の動画が見れます。

●自動運転車実用化にむけての今後の技術的な課題とは?

自動運転車実用化にむけての課題はいくつかあるようで、日本でもその取り組みが進められているようです。
自動運転車はコンピュータシステムを駆使して、カメラやレーダーが作動してハンドル操作やアクセル、ブレーキなどを動作して、衝突からの身を守るシステムなどが作動するようです。
そこで技術的な課題としてあげられるのが、雨の日の走行など、レーダーの作動等が既存のものではどうなのか?
という安全面からの問題も多くの課題として残されているようです。

0cc4b7d3画像引用元 http://kabu-news.blog.jp/archives/40513344.html

 

●トヨタ、日産の自動運転車実用化への道

トヨタと日産が目指す自動運転車は、負担軽減支援システムで、高速道路の走行中の白線や、車間距離を取ることをシステムに読み込ませ、運転している人の感じる無駄な労力を軽減する働きを車に搭載するのが今後の先行課題のようです。

これらは2010年までには実用化するそうです。

日産は、自動運転車技術を国内披露して話題になりました。
複数のセンサーを駆使し、車の周りの環境を100パーセント理解し、車が自動運転して、目的地までハンドルを握ることなく走行してくれることを目指しています。

これらの技術に狂いは許されず、今後は2020年を目途に自動運転の実用化をすることを発表しました。

今後の取り組みとして、重要なのは自動車の事故を未然に防ぐ装置を考案するなどシステム障害を起こらないように研究開発に取り組んでいってもらいたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする