センター試験の英語のリスニング試験対策いろは

大学入試には欠かせない大学入試センター試験英語のセンター試験は特に緊張しますよね。

英語センター試験のリスニング試験はリスニング問題英文を聞き取りできるように何度かディクテーション方式で演習を繰り返してからセンター試験に備えたほうが良いでしょう。7英語のセンター試験ってどんなふうに実施されるの?
画像引用元 http://blog.goo.ne.jp/pegasus_es2004/e/290aaf60d5679c1861c863bdbee6ee2c

リスニング試験はスピーカーから問題文が流れ、出題がされますが、早送り、巻き戻し、一時停止は出来なおため、一回で聞きこらなくてはいけないので、何度も聞き取るなどの、センター対策をしっかりやる必要があります。



センター試験では出された課題から、4択で答えを選ぶようになっています。
色々な問題を何度か聞き取れるように、耳を鳴らしていったり、単語の意味を理解することが必要になってきます。

センター試験にむけて、    1日何度か繰り返し、聞き取りをするのが重要で、電車に乗ってる合間や、空き時間に数時間でも勉強するだけでも違います。
余裕があれば、リーディングにも合わせて勉強することも重要です。

 

スポンサーリンク

センター試験英語のリスニング対策、ポイントって何?

英語のセンター試験を受ける前に対策としていくつかあります。
いきなり聞き取りということになるとなかなか1度では聞き取れない場合が多いので、まずは何度も聞きなおすことと、英単語の意味を徹底することが重要です。

それ以外に、英文解釈、構造把握、前もって理解しておく必要があります。
理解したうえで、聞き取りなどを重点に行えば意外に耳に入ってくるのも早いです。

意外に大事なのが中学英単語や熟語なので、ポイントを抑えておく必要があるでしょう。

基礎レベルの単語帳の英単語の音声も聞き取れるようにするのがポイントです。

英単語がすぐに浮かぶようにすることや、発音記号を覚えることや、英単語を発音よく自分自身も話せるようにすることが重要なポイントのようです。

リスニングはリーディング力が重要なので、最低限のリーディング力も備えておくことも大切なようです。

 

センター試験の英語のリスニングで使うイヤホンってどんなもの?

センター試験ではCDとイヤホンが配られ、イヤホンで聞きながら問題を解く形式になります。CIMG2693s
 

画像引用元
http://steam.blog12.fc2.com/blog-entry-135.html

イヤホンが合わないからヘッドフォンにする場合は事前に申請が必要になるそうです。

リスニングイヤホンが不適合措置の場合も、申請するとヘッドフォンに変えてくれるので事前に申請することをおすすめします。

センター試験の前は聞き間違えたところは何度も聞いて、何と言っているかはっきり聞き取れるまで徹底的にCDをまねて音読してみましょう。
その際に苦手な発音を毎日繰り返せばかなり伸びると思いますよ。

詳細はこちらから

いずれにしても、センター試験の英語リスニングは事前に耳を慣らす必要があります。また出題傾向を分析し、事前に勘所をつかんでおきましょう。

ただ、英語は積み重ねが必要な教科です。

準備には時間をかけて、早めに始めましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする