大人数で行う、忘年会のゲーム大会の掟

忘年会のシーズンがやってくると、幹事に選ばれた人は忙しくなりますよね。

仕事も忙しいのに、お店などを決めたり、ゲームの企画も考えなくてはいけないので幹事は大変ですね。

幹事に選ばれた人はまず最初に忘年会の流れを企画書にまとめて、ゲームを始める順番や、時間配分も前もって決めておくことが大切かも知れません。



忘年会のゲームで、注意したい点は、忘年会のゲームがしらけないように、幹事は前もってそのゲームの練習をしておくことが大事かもしれません。大人数で行う、忘年会のゲーム大会で注意したい点とは?
画像引用元
http://office.katana.bz/blog/2010/12/post-140.html

その他、注意点は、会社などの忘年会では社員の年齢差がある場合もあり、20代にウケるゲームでも、40代50代にはウケない場合もあり、しらけてしまうこともるので、ゲーム選びにも慎重になりますね。

ゲーム自体はあまりだらだら長いこと続くゲームはあまり人気が無いようです。
みんなが飽きないようにするには短めで、笑えるゲームの方が良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

●忘年会で大人数で行われている定番人気ゲーム

ビンゴゲーム

忘年会で多く行われているゲームはみんなに配られた数字のシートを1人が読み上げていき、その数字が来れば、その人が「ビンゴ!」になるので、単純なゲームで、忘年会や、パーティーでは定番のゲームになっています。

ビンゴゲームで注意したい点は、定番すぎてしらけることがあるということです。
そういう場合は、景品などを豪華なものにしたり、工夫が必要です。

ジェスチャーゲーム

何人かのチームを作り、代表がお題を作り、ジェスチャーし、残りのメンバーがそれを当てるというゲーム、ジェスチャーが面白いと、意外に盛り上がるゲームです。

最後に優勝したチームが景品をもらえるようにすれば、ゲームの楽しみも出てきます。も白熱してくるはずです。

注意点はジェスチャーするとき、その場で考えると何をジェスチャーしたら良いか迷って前に進まなくなることがあるので、前もって考えておく方が良いです。
g-003b
画像引用元
http://www.event-goods.jp/party-game/g-03.html

 

大人数でもりあがろう!その他の忘年会で人気なゲーム

たたいて、かぶって、ジャンケンポンの動画
 

このゲームで注意することは、間違えて顔などを相手を思い切り叩いてしまわないようにしましょう。
ゲーム自体は年齢関係なく、楽しめると思います。

連結輪くぐりの動画
 

このゲームでの注意は、隣の人とは手を離さないように紙リボンを上手に隣に回していくのがコツですが、手をつないでいるので、腕ををひねってしまわないように注意しましょう。

 

こう考えてみると、忘年会の大人数ゲームは結構定番のものでいいんですね。

妙に新しい要素を加えるより、単純でばらかしいのがオススメのようです。

今年もこんなゲームで皆盛り上がりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする