豊田スタジアムの駐車場キープ方法

愛知県豊田市にある豊田スタジアムではサッカーの試合の他にアーティストのコンサートや様々なイベントを開催しています。

145-1

画像引用元:http://www.citytoyota-kankou-jp.org/spot/145/

しかし、毎回問題になるのが駐車場が無いという事です。

今回はその駐車場が無いという問題を少しでも解消できる策を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

・豊田スタジアムには駐車場が無いの?

豊田スタジアムには駐車場はありますが、ほとんどのイベント(サッカー・コンサート等)では、この駐車場は関係車両用のみの使用となり、一般の利用ができません

そこで、豊田スタジアムで開催するイベントは基本的に電車等の交通機関を勧めています

一番近場の駐車場は豊田スタジアムのすぐ前の河川敷にある公園の無料駐車場ですが、台数が少なく、少年野球やサッカー等での利用もありますので期待はできません。

毎年夏に行われる豊田市のお祭り「おいでんまつり」では市が開催している事もあり、近隣の学校の校庭や公園を駐車場として無料開放していますが、通常のサッカーやコンサート等では無料開放はしていないようです。

近隣の商業施設に駐車する方も多く見受けられますが、モラルに反する行為はやめましょう。
大きなイベントの際は警備員が監視していますので、トラブルになってしまう事もあります。

 

どうしても車で豊田スタジアムに行きたい時は?

豊田市駅周辺のフリーパーキングを利用するという手段もあります

サッカーなどの場合は駐車場付きシーズンチケットを販売していることがあり、「トヨタ本社工場駐車場」「勘八駐車場」の2ヵ所から、豊田スタジアム行きのシャトルバスが運行しているので会場までシャトルバスを使って行く事が可能です。

シャトルバスは豊田市駅からも出ていることが多いので、イベントの案内を確認しておきましょう。

シャトルバスが出ていない場合は豊田市駅からの市バスや2013年に11月にトヨタが開始したHa:mo RIDE(ハーモライド)の利用もオススメです。

 

・豊田スタジアムへの車でのアクセスは?

東名高速道路なら豊田IC、東海環状自動車道なら豊田松平ICが最寄りです。
先ほどの駐車場付きシーズンチケットを利用する場合は駐車場によっても最寄りICが変わります。

高速道路でののアクセスは豊田スタジアムのホームページでも地図を掲載していますのでご覧下さい。

また、近郊の地図はアクセスマップで案内しています。

 

map01

画像引用元:http://www.toyota-stadium.co.jp/accessmap/accessmap01.html

 

・豊田市駅周辺のフリーパーキングって?

tm-freeparking

画像引用元:http://tm-freeparking.com/

豊田市駅周辺にはいくつものフリーパーキングが存在します。

ほとんどが立体駐車場で、このフリーパーキングの加盟店舗や施設でお買い物や利用をした場合は3時間駐車料が無料になります。
3時間後は料金が発生しますが、料金設定は駐車場によって異なります。

 

・豊田スタジアムの駐車場としてフリーパーキングを利用するには?

どなたでも利用できます。入庫の際に駐車券を受け取り、出庫の際に支払いをする仕組みで、
その駐車券に加盟店でスタンプを押してもらうと3時間分が無料となります。

このスタンプは加盟店のレジで押してもらえるのでお会計の際にお金と一緒に提出すれば対応してくれます。
少々面倒でも加盟店に足を運んで飲み物やガム等を購入してスタンプを押してもらいましょう。

また、豊田市住民の交通手段は車がほとんどの為、休日はこのフリーパーキングも駅に近い場所から満車になることが多いです
早い時間帯に駐車をすることをお勧め
します。

当日慌てて駐車場を探して開催時間に間に合わないなんて事が無い様、豊田市駅以外の駅周辺のパーキングを利用して電車で豊田市に向かうという事も下調べしておくこともよいかもしれませんね。

 

・豊田スタジアム周辺にこどもの遊び場はあるの?

お子様連れの場合は、スタジアムの北側と河川敷には公園もあります。
イベントによってはスタジアムの周りに特設ブースがあることもあります。5281c8a486a77
画像引用元:http://www.t-face.com/shop/a9f/99100/

また、豊田市駅すぐの「T-FACEA館(松坂屋)9F」には 「とよた子育て総合支援センター(あいあい)」もありますので、営業時間内(10:00~18:00)ならそちらで遊ばせたり、ショッピングをしたりしても良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする