引越しを機会に大型家具の処分をしよう

引越しは大変ですが、家具など身の回りのものを思い切って処分できる絶好のチャンスです!!

荷造りや住所変更などの手続き、お子さんがいれば学校の手続きなど何かと大変です。

でも、荷造りは引越し業者さんにお願いすれば全部やってくれます。引越し先に持っていくものなのか、もういらない不用品なのかの仕分けはしなければなりませんが・・・。

仕分け作業も大変ですが、身の回りのものを断捨離する絶好の機会です。この際いらないものはスッキリと処分しましょう。

実際引越しのダンドリなんかは、ダンナさんには期待できません(苦笑)。

ここは一家の大黒柱?のあなたが、ビシッときめていきましょう。

U
画像引用元 http://www.zba.jp/hikkoshi/cont/only-moving-furniture/

 

スポンサーリンク

引越しで大型家具などの不用品はどう処分するの?

自分で処分できる不用品、たとえば、衣類や本、CDなどはリサイクルショップに持って行って買い取ってもらうのもいいでしょう。欲しいという友人や知人がいれば譲るのもいいでしょう。衣類などは、この機会に寄付をするのもいいかもしれません。

でも、この際だから処分したい大型の家具や電化製品はどうすればいいでしょうか。こちらもリサイクルショップに持っていくことも可能ですが、必ずしも買い取ってもらえるとは限りません。

買い取ってもらえないし、誰も引き取ってもらえないような『粗大ごみ』はどうすればいいの?

自治体などの粗大ゴミとして処分する方法

現在住んでいる地域の自治体(市・区・町・村)に粗大ゴミとして処分してもらう方法があります。ただし手数料がかかります。不用品の種類や大きさなどによって料金も異なりますので、粗大ごみの収集日も含めてまず自治体に確認してください。事前に申し込みが必要ですよ。

 

引越し業者にお願いして家具処分する方法

引越し業者はもう決まりましたか?引越しをお願いする際には、まず見積もりを取りましょう。最低でも3社の見積もりは取ってください! 同時に不用品の処分もお願いできるのかを確認しましょう。

引越し業者によっては、粗大ゴミを処分してもらえるところもあります。有料になるかと思いますが。でも引越しの時に一緒に粗大ゴミを処分してもらえるのなら、こんなに楽なことはありませんよネ。最近では、不用品の引き取りや買い取りをしてくれる引越し業者もあるようですよ。

 

引越しの時、電化製品は粗大ゴミで普通に処分できるの?

家具以外の冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビなどの電化製品は粗大ゴミにはできません。これらの電化製品は『家電リサイクル法』という法律に従って処分しなければなりません。購入した小売店や、新たに買い換えるお店に引き取ってもらうなどの方法で処分します。この場合も有料になります。

パソコンの場合は、メーカーの受付窓口に確認して回収をお願いするようにしましょう。

引越し家具

画像引用元 http://cleanpartners.biz/

気を付けなければならないのは、安いからと言って“一般廃棄物処理業者”などに簡単にお願いしないことです! 万が一お願いした業者が不法投棄をしてしまったら、電化製品を排出した者の責任になるようです。くれぐれもご注意を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする