「保活」っていつから?どうやって?理想の保育園探しについて

働く女性にとって、仕事と妊娠、出産は今も昔も難しい問題です。

近年では「待機児童」なんて言葉がいつの間にやら浸透し、子供を保育園にあずけるのも一苦労、我が子が入れる保育園を探す「保活」が働くママになるための必修科目になりつつあるんです。

 

保活 いつから
画像引用元:http://www.fumira.jp/

スポンサーリンク

○保活、いつから始める?

経験者のお話を聞くと、これは早ければ早いほどいい!んだそうです。

特に激戦区では「妊娠発覚と同時に、保育園見学を始めました」なーんていうのはもはや常識??

「3月生まれは不利だから、保活に有利な月に出産がしたくって、それにあわせて”妊活”しましたなんて人も。

「え!?出産後に保育園探し??そんなの、卒業後に就職活動するようなものよ!」なんて厳しいご意見まで。。

 ○出産後、いつから始める?産後の保活は圧倒的不利なの?

もちろん、早く始めるに越したことはありません。けど、保育に関する情報は常に変化しています。

特に激戦区ともなると、自治体も待機児童を減らすことに必死です。

認可、認可外問わず保育施設が新設されると、募集のタイミングは保活を始めるタイミングには関係なく、皆同じです。

乳児はどうしても激戦になってしまいますが、幼稚園に通う年齢になると、新設園では定員割れすることもよくあるそうです。

それに、妊娠中に保育施設を決めてしまったのではその施設が本当に自分たち親子に合ってるかどうかってわかりません。

そういう意味では、産後に保活のメリットって大きいですよね。

○いつから・・なんて言ってるうちに出遅れた?けど「保活」で勝利を勝ち取るには?

そもそも、保育園を探すのに勝敗なんてあっちゃいけないんですが・・

お子さんが保育園に入ったら、正社員として復帰する?それともパートタイマーとして働く?

置かれた環境はさまざまですね。

では、同じ環境だったらどうすれば入園に有利になるか?

そのポイントは自治体によって違うんだそうです。

例えば、

A市では「育児休暇を最大限取得したほうがポイント高い」

B市では「育児休暇を早めに切り上げて復職するほうがポイント高い」

など・・・。

住んでいる自治体の情報を詳しく調べるのも重要だけど、実際に保育園に通ってるという先輩ママさんがいるととっても頼もしいですよね。

育児サークルなどは、働くママさんはなかなか参加できないということが多いと思いますが、働くママたちが情報交換する地域のネットコミュニティがある場合も。

そんなコミュニティを活用して、口コミの力を最大限活かしましょう。

出産前にたくさんの情報を集めて、希望する保育園に入る有利な環境を作って。

というのが「保活」成功への道のりですが・・・

 

保活 いつから
画像引用元:http://www.fumira.jp/

仕事に復帰することはもちろん大切だけど、家族の生活はもっと大切。

保育園に入りたいがために情報に振り回されて、いろんなことを犠牲にしたり理想の育児ができなくなるのでは本末転倒!

「保活」を始める前に、育児、仕事、家事の分担などなど譲れないこと、妥協できること、家族で話し合っておくことが大切ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする