日本は4月入学|その理由や問題点は?海外の入学時期はどうなの?

4月といえば入学シーズンですね。真新しい制服に身を包んだ新入生たちの初々しさに、思わず微笑んでしまいます。

同時に、「何か新しいことでも始めようかな?」という学ぶことに対しての意欲がわいてきますが、これは、4月入学という日本独自の慣習に慣れ親しんできたからなのでしょうか!?

日本 4月入学 理由画像引用元 http://www.kaminagoya-e.nagoya-c.ed.jp

日本4月入学ですが、これはいつの頃から始まったのでしょうか? 日本も、もともとは4月入学ではなかったようです。

スポンサーリンク

日本が4月入学になった理由はなぜですか?

かって江戸時代には、町人の子弟に読み書きなどを教えていた寺子屋がありましたが、こちらは入学の時期を定めず、いつでも入学することができました。

明治時代に入ると、明治維新によって西洋の教育が導入され、9月入学がメインとなりました。

その後、富国強兵政策の影響もあって、政府の会計年度が4月~3月になり、それに合わせるかのように小学校の4月入学も奨励されるようになりました。そして、明治33年には正式に4月入学となりました。

また、陸軍の入隊届出開始日も9月から4月に早まったことで、優秀な学生を軍隊にとられないようにとの思惑から、高等師範学校も4月入学になりました。

大正時代に入ると、旧制高校や帝国大学も4月入学となり、初めは9月入学であった教育の現場が、4月入学へと移り制度化されて今日に至っています。

4月入学は日本独自のものですか?

日本は4月入学で定着していますが、これは日本独自の文化です。

では、海外ではいつから始まっているのでしょうか?国によって異なりますが、多くの国では、いずれも夏休み明けから新学年がスタートしているようです。

★世界の新学期スタート月は?
・1月:シンガポール / 1月末~2月初め:オーストラリア、ニュージーランド / 3月:韓国 / 5月:タイ / 6月:フィリピン / 9月:アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国 / 10月:ナイジェリア、カンボジア

オーストラリアやニュージーランドは、1月末~2月初めに始まりますが、こちらの国々は北半球なので日本とは季節が逆になり、やはり夏休み明けから新学年が始まります。

1月に始まるシンガポールや5月に始まるタイは、常夏の国なので乾季や雨季の休みが一番長い休みとなり、その休み明けに新学年が始まるようです。

また海外では、日本のように厳粛な入学式や始業式をする国はあまりなく、簡単な手続きやパーティーだけという場合が多いようです。

日本 4月入学 理由画像引用元 http://www.ryugaku.co.jp/contents/highschool_report/

日本の4月入学には何か問題点がありますか?

世界の多くの国々は、夏休み明けの9月から新学期が始まっているため、海外から優れた学生や研究者を日本の大学に迎え入れることが困難になっています。

今後ますます大学の国際化を進めるうえで、ひいては大学の教育や研究水準の向上を目指すうえで、日本の4月入学制度が大きな壁になっているといえるかもしれません。

 

もうすでに一部の大学では、9月からの秋入学を検討し始めています。

しかし、日本国内においては、学校の教育制度や就職に関する規定など、様々な問題をかかえていますので、海外と同じような秋入学にするためには、まだまだ時間がかかるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする