新幹線での無線LAN|元エンジニアママが調べた使用方法など

新幹線でも無線LANが使えるの、ご存知でしたか?

パソコンで、スマホで、タブレットで・・・無線LAN(Wi-Fi)が使えると、トンネルで電波が途切れる心配もなくて便利です。

特に移動中にも仕事をしたい(せざるを得ない?)ビジネスマンにはとても便利ですね。

スポンサーリンク

新幹線車内で無線LANが使えるのはどこ?

新幹線の車内で無線LANを使えるのは東海道新幹線の東京~新大阪駅間のみ。車種はN700系、N700A系に限られます。

新幹線 無線lan 使用方法
画像参照元:http://www.realrailway.com/

このカモノハシのような顔がN700系(N700Aも同じ)です。

新幹線で無線LANを使いたいときは、JRの時刻表に「N700」のマークがついているものを選びましょう。

新幹線 無線lan 使用方法
画像参照元:http://juggly.cn

「のぞみ」は原則としてN700系、N700A系(臨時列車除く)ですが、「ひかり」「こだま」は700系での運行もあるようです。

ちなみに、N700、N700A では車内にコンセントがあるので充電しながら通信することもできますよ。(700系では一部座席のみ)

新幹線車内無線LANの使用方法は?

新幹線車内で無線LAN(Wi-Fi)を使うには、次の公衆無線LAN事業者と契約をする必要があります。

・NTTドコモ「docomo Wi-Fi」
・ソフトバンクテレコム「BBモバイルポイント」提携事業者
・UQコミュニケーションズ「UQ Wi-Fi」及び提携事業者
・NTT東日本「フレッツ・スポット」
・NTT西日本「フレッツ・スポット」

例えば「NTTドコモのスマホだから、docomo Wi-Fiが使える」というわけではなくて、別途契約が必要になります。

使用料は、docomo Wi-Fiは月額300円、ただし一定の条件を満たしたNTT-ドコモの契約であれば月額料金が無料になる場合があるので確認してみてくださいね。

端末の設定方法も無線LAN事業者によって違うようですが、事業者から指定された「SSID」と「WEPキー」を設定した上で、IDとパスワードを入力することで接続できるようです。

新幹線車内無線LAN・・気になる使い心地は?

新幹線車内の無線LANは、回線速度が1列車あたり最大2Mbpsに限定されています。

その2Mbpsを同じ車内で無線LANを使う人が分けあって使う訳ですから、実際の通信速度は500kbps(0.5Mbps)くらい出ればいい方、という状況のようです。

通常の光回線ではデータ受信の速度は100~200Mbps、スマホの4G(LTE)は75Mbpsですから、かなり遅く感じられると思います。

JR東海によると、「一般的なメール送受信、WEB閲覧には対応できる速度」とのことで、動画の閲覧やデータのダウンロードは一部制限されているようです。

車内での通信は、車内無線LANよりもスマホで接続したほうが速いと感じるかもしれませんが、やはり通信が途切れにくいというのは無線LANならではの利点ですよね。

 

残念ながら、新幹線で無線LANを使うことができるのは限られた区間、車両のみ

新大阪以西の山陽新幹線、九州、東北などの新幹線では、車内で無線LANを使える環境はまだ整っていないようです。

個人的には、トンネルの多い山陽新幹線こそ無線LANを導入して欲しいなぁ、と思います(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする