あなたは感じてますか?早生まれ遅生まれのメリットデメリット!

早生まれ・遅生まれといえば、「早生まれの子は体が小さくて、遅生まれの子よりも幼く見られがち」と言われますが、大人になったらどうなのでしょうか?

子どもの頃は、早生まれの子は、どちらかと言えばメリットよりもデメリットの方を強く感じるかもしれません!
早生まれ遅生れメリットデメリット画像引用元 http://www.dclog.jp/juuune0622/1/10192631

早生まれは1月1日~4月1日に生まれた人を、遅生まれは4月2日~12月31日に生まれた人を呼びますが、そもそもなぜ早生まれ遅生まれと呼ばれるようになったのでしょうか?

スポンサーリンク

早生まれ遅生まれ!なぜそう呼ばれるの?

小学校の入学式は4月に行われますが、4月1日までに満6歳になっている子どもが入学できます。

前年の4月2日から年が変わって4月1日までに生まれた子どもが対象となりますが、そのうち1月以降に生まれた子は1歳少ない数え年の7歳になります。

早生まれ遅生まれメリットデメリット

画像引用元 http://timekomi.com/2837.html

昔の人は、同年齢の中で早く小学校に上がるグループを、数え年の7歳で小学校に入学する『早上がり・七つ上がり』、数え年の8歳で小学校に入学する『遅上がり・八つ上がり』と呼んで区別をしていました。

昔の人は「数え年」で年齢を数えていたからですが、誕生日がくると1歳年を取りますが、同時に、お正月(新年)を迎えるともう一つ年を重ねるという数え方です。

同じ年に生まれた人は、1月生まれでも12月生まれでも、誕生日に関係なく、新年を迎えるとみんな一斉に1歳年を重ねるというもの。

現在では、生まれてから誕生日を迎えると1歳。さらに次の誕生日を迎えるとまた一つ歳を重ねる「満年齢」という数え方が一般的に使われています。

早生まれ遅生まれ!子ども時代のメリットデメリットは?

早生まれの場合デメリットとして考えられることは、特に小学校入学の頃は、体格や体力、発達などの面で同学年の子どもとの差が見られるかもしれません。

なにしろ、例えば4月2日に生まれた子と、翌年の4月1日に生まれた子では一年も違いますから、子どもの頃はどうしても体の大きさなど成長の度合いが違ってきます。

逆にメリットとして考えられることは、小さいうちは出来ないこと、平均以下のことがあっても、早生まれだから~と大目にみてもらえることかもしれません。

親の立場からすれば、保育所に遅生まれの子よりも約1年早く入園してくれるので、家庭での保育期間が短くて済み、その分自分の時間がとれるのはチョッと嬉しいかもしれませんね。

遅生まれの場合メリットとしては、生まれた時期が気候的に過ごしやすい時期なので、子育てがしやすいかもしれません。

乳幼児医療などの手当てが、誕生日までではなく年度末(3月末)までなので遅生まれの方が長く貰えることもメリットかもしれません。

でも、1年も経ってくると身体的な面は別として、それほど早生まれ遅生まれの差を感じなくなってくるかもしれません。

早生まれ遅生まれ!大人になってからのメリットデメリットは?

早生まれの場合、大人になってからのメリットといえば、同学年の他の人より年を取るのが遅いので、若くいられることでしょうか!?

また、会社を定年退職する場合は誕生日までですので、皆より1年間長く就労できることだったり、途中退社の場合では、3月末で退社しても翌日の4月1日時点の年齢として扱われること等。

一番のメリットは、「若くいられていいな…」とうらやましがられることでしょうか?

でも、若くいられてうらやましがられるのはある程度の年齢まで。年を重ねてくると、それほど早生まれとか遅生まれを意識しなくなるような感じがしますが・・・。

ある程度の年齢を超えると、それほど早生まれとか遅生まれに関してのメリットもデメリットも意識することがなくなってくるような気がしますが、いかがなものでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする