高校柔道全国大会2015!今年の有力校は?阿部一二三は?

このところの日本の柔道界は、女子柔道選手への暴力行為やパワーハラスメント、理事による不正な金銭問題等々、いい話題がありませんでした。

その上、かってはお家芸とまで言われた日本の柔道も、今ではその力を失っています。

2020年に迎える東京オリンピックに向けて、もう一度日本の柔道界の復活に期待したいところです。

高校柔道全国大会2015

画像引用元 http://www.judo-ch.jp/blog/?ymd=20140131

2020年の東京オリンピックを見据えて、今頑張っている若者たちに注目したいところですが、希望の星となる選手はいるのでしょうか!?

そこで、注目したいのが、まもなく開催される高校柔道の全国大会2015です。

スポンサーリンク

第37回全国高等学校柔道選手権大会(2015)について

37回目を迎える全国高等学校柔道選手権大会は、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、金鷲旗全国高等学校柔道大会(金鷲旗)にならぶ高校柔道三大大会の一つです。通称『春の武道館』とも言われ、団体戦と体重別による個人戦が行われます。

開催日時:2015年3月20日(金)~21日(土・祝)

開催場所:日本武道館(東京都)

全国高等学校柔道選手権大会2015の見どころ高校柔道全国大会2015!今年の有力校は?阿部一二三は?

●団体戦

男子は、昨年のこの全国高等学校柔道選手権大会、高校柔道三大大会のひとつである金鷲旗と、二つの大会で念願の初優勝を果たした東京都の修徳高校

対するインターハイでは優勝しましたが、金鷲旗では残念ながら修徳高校に優勝戦で負けてしまった東京都の国士舘高校。両校の戦いが気になるところです。

一方女子の団体戦は、やはり金鷲旗、全国高等学校柔道選手権大会と優勝した埼玉県の埼玉栄高校の優勝の行方が気になるところです。

★昨年の注目の試合!【第36回全国高等学校柔道選手権大会の男子無差別級決勝 小川雄勢 vs 古田伸悟】
●個人戦

男子個人の注目選手と言えば、なんと言っても世界選手権3連覇中の「絶対王者」海老沼匡を破って優勝した阿部一二三選手(神港学園神港高校2年)ではないでしょうか。今柔道界で最も注目の選手です!

中学、高校でタイトルを総なめにし、8月のユース五輪も優勝。シニアの国際大会でも初挑戦ながら優勝してしまいました。

8月のインターハイでは6試合全てを一本勝ちして優勝を飾り、今大会での圧倒的な勝利に、全日本の井上康生監督は「高校生(のレベル)を凌駕している」と。国内において、同世代では無敵の状態です。

一方女子個人の注目選手と言えば、63kg級の嶺井美穂(桐蔭学園高)選手ではないでしょうか。押しも押されもせぬ女子中量級の期待のホープです。

4月の『ロシアジュニア国際大会』で3位に入賞し、8月にはインターハイを制して悲願の高校カテゴリ初優勝を手にしました。

中学1年生の頃から全国大会の表彰台に上がり続けてきた逸材で、2012年には『全日本カデ柔道体重別選手権大会』で優勝。続く『ドイツカデ国際大会』もオール一本勝ちで制すと『全日本ジュニア柔道体重別選手権大会』でも3位。

高校生となった2013年には、他を圧倒するスピードとパワーを武器に1年生ながら『インターハイ』準優勝。さらに初出場となった『講道館杯全日本柔道体重別選手権大会』でも決勝に進出しました。

 

若い選手たちの活躍で、2020年の東京オリンピックが楽しみです。日本の柔道界の復活に期待したいですネ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする