甲子園の入場曲とテーマソング|懐かしのヒット曲の宝庫です

甲子園の曲と言ったら、その年のヒット曲を思い出しますね。

2014年の夏は関ジャニ∞の「オモイダマ」

2014年の春は、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」

2015年の春は、映画:アナと雪の女王の劇中歌「Let It Go ~ありのままで~」に決定しています。

春の選抜高等学校野球大会、いわゆる「センバツ高校野球」と、「夏の甲子園」と呼ばれる全国高校野球選手権大会。

テーマソング?入場曲?どちらも同じようだけど、違うのをご存じですか?

甲子園 入場曲
画像参照元:http://prcm.jp/
スポンサーリンク

○甲子園の曲・・夏はテーマソングで春は入場行進曲

春も夏も、甲子園の曲はヒット曲が多いですが、春は「入場行進曲」、夏は「テーマソング」(応援ソング、とも言われる)と扱いが違うんですよ。

春のセンバツは、入場行進曲に決まった原曲を行進曲にアレンジしたものが使われ、開会式ではその曲にのせて選手たちが入場します。

演奏は、関西地区の各府県の警察音楽隊が担当しているんですよ。

夏の甲子園では、入場行進曲は毎年変わらず「全国高校野球選手権大会行進曲」です。



そのため、入場曲としてヒット曲が使われることはありません。

ヒット曲が使われるのは、テレビ朝日系列の「熱闘甲子園」や「高校野球中継」の番組で使われるテーマソングです。

関西地区では、地区予選の中継番組でもこのテーマソングが使われるそうですよ。

○春の甲子園・・センバツ高校野球の入場曲

春のセンバツ入場行進曲は、どのように決められているのか調べてみると、

前年に広く親しまれた曲、というのが条件のようです。

ここ10年のセンバツ入場曲をまとめてみました。

なるほど、確かに世代を問わずみんな知ってるような曲が多いですね。
 開催年 アーティスト名  曲名
 2015  「アナと雪の女王」劇中歌  Let It Go~ありのままで~
 2014  AKB48  恋するフォーチュンクッキー
 2013  花は咲くプロジェクト 花は咲く
 2012  AKB48 Everyday、カチューシャ
 2011  いきものがかり ありがとう
 2010  Superfly My Best Of My Life
 2009  GReeeeN キセキ
 2008  コブクロ
 2007 TOKIO 宙船
2006 修二と彰 青春アミーゴ
 

J-POPが並ぶ中、2013年は東日本大震災の犠牲者に捧げるために作られた「花は咲く」。

 
震災から2年経っても忘れてはいけない、と日本中に語りかけるような行進曲だったんですね。

○夏の甲子園・・テーマソング

夏のテーマソングも10年分調べてみました。

2008年までは、番組のオープニングとエンディングで2曲使われていたようです。
 開催年 アーティスト名  曲名
2014 関ジャニ∞  オモイダマ
 2013  コブクロ ダイヤモンド
 2012  GReeeeN  pride
 2011  JURIAN BEAT CRISIS  ずっとここから
 2010  FUNKY MONKEY BABYS  あとひとつ
 2009  秦基博  Halation
 2008  秦基博  夏はこれからだ!(福耳)/虹が消えた日
 2007  ウルフルズ  両方 For You/ええねん
 2006  スキマスイッチ  スフィアの羽根/奏(かなで)
2005  スガシカオ  奇跡/夏陰〜なつかげ〜
マー君VSハンカチ王子の対決で沸いた2006年はスキマスイッチだったんですね。

テーマソングで思い返すと、とっても昔のような気がします。

そして昨年2014年、関ジャニ∞の「オモイダマ」は歌詞のフレーズを全国の高校生から募集したもの。
さらに管楽器隊の29人は、全国の高校生からオーディションで選ばれた生徒たちがレコーディングとPV撮影に参加しています。

まさに、高校生のためのテーマソング、応援ソングですね。

過去のテーマソングや入場行進曲を聞きながら、当時甲子園で活躍した選手たちを思い出してみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする