2015年の恵方巻の方角と正しい食べ方

そもそも恵方巻を食べる方向を決めるには…

恵方巻の食べ方の方角を決めるのにはまず、十干は何かを知らなくてはいけませんね。

まず甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10個になります。
そして、十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥と12個から成り立っていて、その2つを合わせたものを4つに分けると2013年はみずのとみ、2014年はきのえうま、2015年きのとひつじ、来年ならひのえうま、と4つの方角に分かれているそうです。

2015年の恵方巻の正しい食べ方と方角
画像引用元
http://知っ得大辞典.jp/ehoumaki-houkou-721

十干                恵方

甲(きのえ)・己(つちのと)    東北東やや右

乙(きのと)・庚(かのえ)     西南西やや右

丙(ひのえ)・辛(かのと)  西南西やや右

戊(つちのえ)・癸(みずのと)   南南東やや右

丁(ひのと)・壬(みずのえ)    北北西やや右

ここから恵方巻の食べ方が詳しく見られます。

みなさんは恵方巻の食べ方にちょっとしたルールがあるのをご存知ですか?

ルール1

恵方巻は普通の海苔巻のように切って食べてもいいのでは?と思っている人も案外多いようですが、ちょっと違います。

恵方巻の食べ方としては、まずは、太めの恵方巻を1本用意してください。



ルール2

恵方巻は自分で作っても良いし、どこかで購入してもどちらでも良いです。
食べ方については、一気に大きな口を開けてかぶりついて食べるのが基本のようです。

食べるときは必ずその年の方向を向いて食べるというのが決まりで、2015年は乙なので、西南西やや右の方角を向いて食べることが正しい食べ方ということになります。

理由としては向かった方向に歳徳神という福の神がいるので、正しい方向に向いて食べるのが良いそうです。恵方巻の正しい食べ方とルールについて
ルール3

恵方巻の食べ方はお願いごとをしながら、無言で食べるということです。
その理由としては食べている最中におしゃべりをすると福が逃げてしまうそうなのです。
なので、食べるときは黙々と食べることだけに集中するのがルールのようです。

画像引用元
http://r.gnavi.co.jp/food/sushi/ehoumaki/ehoumaki_03.html
スポンサーリンク

2015年、恵方巻の食べる方角をアプリでチェック!

最近では恵方巻の食べ方をホームページや、アプリで調べることができるので、今自分のいる恵方を調べることが簡単にできるので、調べてから食べるようにしましょう。

恵方の早見表は昔からあるようで一度調べてみることをおススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする