引越しのご挨拶 “のしをつけた品”でキッチリと!

引越しが決まると何かと忙しいです。

どの業者に引越しをお願いするか・・・
電気・ガス・水道などの変更手続きは・・・
荷づくりの準備を・・・
この機会に不用品を処分しよう・・・等々



とにかく引越しから新居に落ち着くまで、することがいろいろあってとにかく忙しいですネ。でも、どんなに忙しくても忘れてはいけないのが引越しの挨拶回り!
U
画像引用元:http://matome.naver.jp/odai/2135038634903415001

これまでお世話になった方はもちろんですが、これから生活していく新居での挨拶は欠かせません。最近は省略される方もいらっしゃるようですが、できる限りキチンと挨拶をすませるようにしましょう!

これからの生活で何が起こるかわかりません。地震や災害など、困ったときには日頃のお付き合いが大切です。長いお付き合いになるかもしれません。ご近所の方とはできるだけトラブルを避け、安心して楽しく暮らせるように仲良くしていきたいですネ。

スポンサーリンク

引越しが決まったら・・・挨拶回り

まず、現在住んでいるところのご近所に挨拶をすませます。
引越し当日は、作業やらトラックの出入りなどで何かと近所の方に迷惑をかけてしまいます。引越しの2~3日前までには挨拶を済ませておきましょう。

新居では、引越しが決まって下見に行った際に挨拶をすませます。無理なときには引越し当日、遅くても翌日までには挨拶に伺うようにします。

自宅の両隣とお向かいの三軒には必ず挨拶をしておきましょう今後のお付き合いを考えた場合、可能であれば回覧板が回ってくる範囲のご近所にも。町内会がある場合には会長さんへの挨拶も忘れずに!

マンション等の集合住宅の場合は、部屋の両隣はもちろん上下の階にも忘れずに挨拶を。管理人(大家)さんへの挨拶も忘れずに。エレベーターなどで顔を合わせることの多い同じ階の方々にも挨拶しておきましょう。引越しのときに荷物の搬入などで迷惑をかけることがあるかもしれません。当日のできるだけ早い時間に挨拶をすませることです。

引越しの挨拶に持っていくものは・・・のし

特に高価なものを選ぶ必要はありません。「これからよろしくお願いします」と名前を覚えてもらうことが目的です。名入れの熨斗(のし)を付けて挨拶に伺います。

予算は、1件につき500円~1000円大家さんや町内会長さんには2000円~3000円が一般的です

hikkoshisina

画像引用元 http://trend-help.com/archives/2631.html

現在の住まいでは、これまでお世話になったお礼に「無地熨斗」または「お礼」の熨斗をつけてご挨拶に。新居では、包装紙の上に熨斗をかける「外熨斗」という方式が一般的です。「これからお世話になります」との意味を込めて熨斗の表に「御挨拶」と書き、その下に自分の名前を書きます。挨拶の品を購入する際にお店の方にお願いすると熨斗をつけたものを用意してもらえます。

nosigami

画像引用元 http://marthanew.com/archives/2322.html

一般的な挨拶品としては、石けん、洗濯洗剤、タオル等の家庭内の消耗品が喜ばれるようですが、引越し前に住んでいた土地のお菓子も人気のようですよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする