自動車保険等級の引き継ぎ(継承)制度【保険会社間】

自動車保険と切っても切れないのが等級。
自動車に乗り、任意保険に加入している方ならご存知の等級制度で等級によって割引率が変わる制度です。

ほとんどの人が保険料を安く抑えたいと思っていると思います。

安い保険会社を見つけたけど、せっかく等級が上がったのに他社に乗り換えたら初めの等級に戻っちゃうの?なんて思っていませんか?

そんな時は、「保険会社間で引き継ぎ」保険料を安くしましょう!

 

・自動車保険の等級割引は他の保険会社に乗り換えても適用したい!

等級は保険期間中(1年間)事故などで保険を使わなければ、1等級アップします。
等級が大きくなるほど割引率が高くなる等級制度。

せっかくアップした等級制度を他社でも適用(等級制度の引き継ぎ)出来れば、今よりも保険料を安く出来るお得な保険会社を選びやすくなります。

 

toukyuu-hokengaisha

画像引用元:http://www.jidoushahoken-memo.com/toukyuu/toukyuu-hokengaisha/

 

・保険会社間の自動車保険の等級引き継ぎは基本的にOK、でも共済は注意!

現在の会社から他社に移る場合、損害保険会社間であれば問題なく等級を引き継げます(事故などによる引き受け不可等は除く)。

しかし、以下の共済保険では判定が異なります
  • JA共済
  • 全労済
  • 全自共
  • 教職員共済
  • 全済団 など
現状では、JA、全労済はほとんどの保険会社で引き継ぎ可能ですが、全自共、教職員共済、全済団などの場合、引き継ぎが可能かどうかは保険会社により変わってきます。

移行先の保険会社に確認をしてみましょう。

premium_tokyu_3_ch2

画像引用元:http://kakaku.com/kuruma/hoken/knowledge/premium/tokyu/3.html

 

・他の保険会社への移行タイミングは満期日がベスト!

1年間の契約期間中に保険を使わなければ等級が上がります。

この等級が上がったタイミング(満期)で他の保険会社へ移行すれば、新たに1等級上がった状態で新契約がスタートします(20等級以上はこの限りではありません)。

なんらかの手違いで満期日と始期日のタイミングがずれてしまうと割引等級が消滅してしまう可能性もあります。

手続きは余裕を持って確実に行いましょう。

また、当分車に乗らないという人は、解約の際に中断証明書の発行を依頼しましょう。

最長で10年の間に再び車を購入した際、中断した等級を生かして保険に加入することができます。

 

・事故で自動車保険を使った場合、他の保険会社に等級は引き継げる?

現時点で6等級の人が事故で保険を使うと、翌年は「事故有等級」に加え料金が高くなる「割増等級」が適用となり料金が大幅に高くなります。

そのまま他社に移行しても「事故有等級」と「割増等級」での加入となってしまいます。

「新規で他社と契約すれば最初の等級からやり直せる?」と思われましたか?

実はここにも継承制度が影響します。

13か月以内の保険契約は、新規と偽って加入しても等級が継承されてしまいますので、最初の等級からやり直したければ13か月待つしかありません。

しかし、その間車の運転をする場合は無保険となってしまいます。

もし13か月待つ選択をする場合は、万が一事故を起こした時は、相手(対人の場合)だけでなく自分も補償を受けることができません。

自分を守る為にも、その間は運転をしない様にしましょう。

 

※自動車保険の家族間等級引き継ぎは、こちらでまとめています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク