スーツケースの選び方、ファスナータイプがいいですか?

スーツケース選び方は、旅行する場所、旅のスタイル、ツアーなのかバックパックなのか等が、大きなポイントになります。

また、スーツケースの大きさを選ぶ目安となるのが旅行日程。1週間位の短期旅行なのか、1ヶ月以上の長期旅行なのかです。

スーツケースの選び方は、使用する目的や状況などをよく考えて選んでください。

72032134_b

画像引用元 http://shiritai-mainichi.com/wp-content/uploads/2014/03/72032134_b.jpg

スーツケースの大きさは旅行スケジュールによって選びます。5日~1週間程度の海外旅行なら中型のハードスーツケース(容量70~80L、高さ65~70cm位)を、10日~2週間程度の海外旅行なら大型のハードケース(容量90~109L、高さ70~75cm位)がいいかもしれません。

自分の荷物だとわかりやすいように、黒やシルバー以外の色のスーツケースを選ぶことをおすすめします。また、タグをつけたり、スーツケースベルトをつけたり、あるいは紐やハンカチ等、何か目印になるものをつけることです。自分の荷物だとすぐにわかりますよ♪

スポンサーリンク

スーツケースはフレーム、ファスナーどっちのタイプがいいの?

ファスナーフレーム 画像引用元 http://xn--nckgb5ab8dxoycb7fc3842gb1zd.jp/wp-content/uploads/2013/08/fasner_frame.jpg

「フレームタイプ」と「ファスナータイプ」を比べてみると、割れやすいものを入れたり、多少重くても体力に自信があるので大丈夫という方にはフレームタイプがいいです。

また、割れるようなものや歪むようなものは入れないし、とにかく軽いほうがいい!という方にはファスナータイプをおすすめします。

軽さや利便性ならファスナータイプだし、頑丈さや保護を考えるとフレームタイプ。

重い物が苦手な年配者や女性には、軽さ重視のファスナータイプ。大切なモノを入れたり、丈夫で水濡れしないものという方にはフレームタイプでしょう!

ただ最近は、フレームタイプも技術の進歩によって超軽量化を実現しているので、スーツケースはやっぱり丈夫なものがいいなという方には好まれているようです。

スーツケースのキャスターは2輪タイプ、それとも4輪タイプ?

そして、キャスターも2輪がいいのか、4輪がいいのか迷ってしまいます。

2輪タイプは向きが固定されているので、真っ直ぐ歩くときにキャスターがあちこち向かずに引っ張りやすいですし、4輪よりもキャスターが大きいので、道が悪くても大丈夫です。

抜群の安定性を望むなら4輪タイプ。腕にかかる負担が非常に少ないので、重い荷物でもスムーズに押して歩くことができます。

サイズが大きくなるほど4輪タイプの方が安定感はありますが、凸凹道や石畳を歩くことが多い旅なら、引くことができる2輪タイプがいいかもしれません。

国際的に人気があるのはソフトケース!

また、スーツケースと言えば、日本ではハードタイプが一般的ですが、国際的にはソフトケースの方が人気があります。ソフトケースはフレーム構造なので、限られたフレームに堅牢性や耐久性を持たせています。また、落下による衝撃や耐荷重性が強いので破損しにくくなっています。

ソフトケースの購入を考える場合は、破れる、擦れる、浸み込むといった心配がないかどうかなど、使用生地の強度性と加工を必ずチェックします。さらに撥水加工が施されているかどうかも確認してください。

HA0478 - Journey Planning. Lifestyle Images Portraying The Three Main Elements Of A Journey: Planning The Route, Travelling And Reaching Destination.
画像引用元 http://blog.compathy.net/2014/08/31/luggage-tricks-suitcase-version/

◎注意しなければいけないことは、スーツケースには絶対に貴重品を入れないこと!

どんなスーツケースでも開けられない、壊されないとは言いきれません。盗られては困るようなものは、危険なので手荷物で持っていくことです。

貴重品はスーツケースに入れてはいけない! これさえ気を付ければ、入れ物はどれでもOKです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする