お正月のお年玉!小学生の相場っていくらですか?

子どもたちにとっては楽しみのお年玉ですが、あげる側の大人たちにとっては悩みの種。今年はいくらあげたらいいの?

「新年を祝うために贈答される品物」が由来とされるお年玉。いつの頃からか子供たちにあげることになりました。そんなお年玉ですが、今小学生のお年玉の相場はいくらなのでしょうか?

 

お年玉
画像引用元:http://www.maboroshi-ch.com/old/sun/base.htm

 

一般的には、多くの方がお年玉は5千円位までと考えているようです。



毎年いくらあげようか悩んでいるという方、学年によってお年玉の金額を少しずつ変えている方、年齢に関係なく一律千円あげるという方、人によってお年玉の金額はまちまち。景気が良くても不況でも、お年玉の金額は変えませんという方がほとんどのようです。ただし、少子化の影響もあって昔よりもお年玉の金額はアップしているようですが。

 

スポンサーリンク

小学生にあげるお年玉は、相場から一定の基準を決めること!

毎年どうしようか悩むなら、一番いいのは一定の基準を決めてしまうことだそうです。

「年齢÷2×1000円」。あげる子どもの年齢×500円!が一般的な相場のようです。

地域や家庭環境、あげる側ともらう側のお互いの関係などによって金額に変化がありますが、親戚同士、親同士の関係によっては、お年玉の相場を決めている例もあるようです。

一般的に、小学生3000円~5000円がお年玉の相場のようです。

小学校低学年ですと、1年生~3年生は1000円~3000円というのが多いようです。

低学年ぐらいですと、全種類の硬貨をあげたら喜ばれたとか、一年生のときに100円、2年生、3年生と学年が上がるごとに100円ずつプラスしていくという方もいるようです。

 

小学校高学年になると、相場は4年生~6年生は3000円~5000円位のようです。

高学年の場合、2000円~3000円未満が一番多く、4000円~5000円未満が続きます。

otoshidama
画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/themesalon/e/23b648fad7aba585c4313a3675878b4b

ちなみに、川崎信用金庫が小学生570名を対象に行ったアンケート結果(2012年1月実施)によると、小学生1人が手にしたお年玉の平均額は 26,875 円で、前年より2,548 円(+10.4%)増えていることがわかりました。またお年玉をくれた人の平均人数は5.5人。小学生が手にしたお年玉の合計で最高金額はなんと、小学2年生で13万円だったそうです。景気がよくならない!不景気だ!などと言っていても、子どものお年玉事情は不況知らずのようですネ。

 

ところで小学生たちはお年玉を何に使っているの?

小学生たちへのアンケートによると
1位は「貯金」で、半数以上の57%を占めました。
2位は「おもちゃ」「ゲームソフト」を購入するで、それぞれ32%。
4位は 約3分の1、29%の小学生たちが「家の人にわたす」と答えています。多くの小学生は親にお年玉を預けているようです。

では、お年玉を預かった親たちはどうしているのかを聞いてみると、ほとんどの方は全部貯金をして管理していると。そのほかには子供の教育費にあてる、生活費の一部に・・・等々。その使い道は様々なようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする