東大寺の「お水取り」混雑状況は?|効率的な観覧がしたい!

春の風物詩として有名な東大寺の「お水取り」

「お水取り」は奈良県にある東大寺二月堂で毎年行われる行の一つで752年以来、途絶えたことがない、奈良時代から続く伝統行事です。

正確には「修二会(しゅにえ)」という行で、例年、3月1日から14日まで本行が行われ、終わるころには冬が明けていることから、春を告げる行事ともいわれています。

この行では練行衆がお堂入りしたあと、燃えさかる松明(たいまつ)は舞台の欄干に掲げられます。
これが「お水取り」の中で最も有名な「お松明」と呼ばれる場面です。

降り落ちる火の粉が無病息災をもたらすと言われていることから、たくさんの参拝客が集まります。
もっとも人気があり、来場者の多い日は、「お水取り」のある12日。本行のクライマックスと言える日です。

今回は「お水取り」を見たいという方の為に東大寺の「お水取り(12日)」の混雑状況についてお話しようと思います。

東大寺 お水取り 混雑

画像引用元:http://www.todaiji.or.jp/index/hoyo/syunie/stop/stop02.htm

スポンサーリンク

東大寺の「修二会」期間中の混雑状況は?(すいている日は?)

修二会は平日、土日、お水取りの日(12日)ではずいぶん混雑が違います。

特に第一週目の平日はかなり空いています。

一番混雑するのが「お水取り」の行われる12日。次が土日、平日はそれほどでもありません。

行く場合は18時までには二月堂へ行った方が良いと思います。

19時以降になると二月堂から200メートルほど離れた「広場第二拝観場」からの見学になる可能性があります。

「広場第二拝観場」からは「お水取り」の松明の動きなどは見えますが、やはりかなり小さくしか見えません。

「お松明」は、「お水取り(12日深夜)」の行われる日だけしか見られないと思っている方が多いのですが、修二会期間中の3月1日から3月14日に毎日あげられています

12日に行くと混雑で「何も見れなかった」なんて事もあり得ますのでご注意ください。

東大寺 お水取り 混雑

画像引用元:http://www.lint.ne.jp/nomoto/PHOTOSALON/omizutori2010.html

動画でも見れますよ。

東大寺「お水取り」のある12日の混雑状況や様子は?

「お水取り」のある「修二会」のクライマックスと言われる12日深夜はとても混雑します。

3千~4千人の人が入れる広場には、3月12日には毎年2万~3万人の方が来場されるそうです。
去年、行かれた方の話ですと、17時30分ぐらいには二月堂の前が満員になったそうで、「12日に行くのであれば早めに行って長時間待つ必要がある」と話していました。

12日深夜には籠松明(かごたいまつ)がたかれ、練行衆は祈りの合間に、二月堂下にある若狭井(わかさい)に水をくみにいきます。

これがいわゆる「お水取り」の儀式です。くみあげた水は「香水」と呼ばれ、本尊である十一面観音に供えられます。

東大寺 お水取り画像引用元:http://www.todaiji.or.jp/index/hoyo/syunie/stop/stop02.htm

東大寺「お水取り」ベストスポットはどこ?

二月堂の前は100メートル四方ぐらいの広場ですので、二月堂の前であればどこでも大丈夫です。

ただ、あまり前のほうで並ぶとトイレ移動もままなりません。

まだまだ夜は冷え込みます。後ろのほうが仮設トイレ(二月堂のすぐそば)に近いためトイレが心配な方は移動しやすい後方が良いでしょう。

また、二月堂の前の広場が満員になると、二月堂から200メートルほど離れた「広場第二拝観場」からの見学になります。「お松明」もかなり小さくしか見えません。

疲れた時は二月堂の広場に「絵馬堂茶屋」という茶店もあり、休憩することもできます。

「お水取り」中の東大寺二月堂へのアクセスは?

期間中は交通規制がされている為基本的に徒歩ですが、17時まででしたらタクシーで二月堂へ直接行けます。(東大寺の構内はタクシーと許可車両は17時まで通行できます。)

二月堂で「お水取り」と「お松明」見るにはとても混雑する為、二月堂周辺に設けられた「誘導路」に入り、順番を待って「お松明」を見ることになります。

「誘導路」は大仏殿東側の丘の上にある「大鐘(おおがね)」の広場にあります。(※「大鐘」の広場以外のどこからも「誘導路」へ入ることが出来ません)

「誘導路」が「大鐘」の広場まで満員になった場合は、それ以上は入場できません。

東大寺 お水取り
画像引用元:http://www.todaiji.or.jp/index/hoyo/syunie/stop/stop02.htm

 

752年以来一度も途絶える事のなかった日本の伝統行事「お水取り(修二会)」。

時代を超えて人々の心を魅了してきた「お水取り(修二会)」は日本人に生まれたのなら一度は見ておきたいですね。

降り落ちる火の粉で無病息災を願い、また来年も見に行けるようにしたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする