子どもの口に合うマスクがない時の作り方です

子供に風邪が流行るこの季節。早め早めの対策には、外から帰ってきたら、まずはうがいと手洗いをすること!そしてウイルス対策に欠かせないのがマスク

マスクをつけることで少しでも風邪の予防対策をしたい。でも子ども用のマスクってなかなか見つからないし、白いマスクは清潔感があっていいけど、子供にはもうチョッとかわいらしいものをつけさせたいなというママ。

そんな子供用のマスクが簡単に作れます。たくさん作ってお友達にプレゼントするのもいいかも知れませんね。きっと喜ばれますよ♪

スポンサーリンク

子供用簡単ガーゼマスクの作り方

折りたたんで2ヶ所を縫うだけのチョー簡単マスクです! 出来あがりサイズ:縦8.5cm×横12.0cm

【材料】マスクの3倍の大きさのダブルガーゼ、マスクゴム(25~30cm)を2本
※マスクサイズが縦8.5cm×横12.0cmですので、ガーゼの大きさは縦17.0cm×横36.0cmになります。

【作り方】
①ダブルガーゼを縦17.0cm×横36.0cmに裁断します。型紙はこちらを参考に!

②ガーゼの中央部分がマスクになりますので、表側を下にし、横中心に上端、下端を内側に折ります。アイロンを当てながら折っていくとキレイにできますよ♪

③左右の端をそれぞれ内側に折って三つ折りにします。

④いちばん上になった方の布端を1cm位内側に折ります。

⑤折った部分の折端より2~3mm位にミシンをかけます。

⑥反対側の輪になっている部分にもミシンをかけ、左右対称に幅を合わせます。

⑦左右にマスクゴムを通し、結び目を中に入れて完成です。詳しい作り方はこちらをどうぞ!

マスクガーゼ 画像引用元 http://handmade.xsrv.jp/howto/category02/recipe_7/

Wガーゼの場合、どこの部分からでも同じに見えるような柄がおすすめです!
表側にボタンやフェルト地などでポイントを付けてあげると可愛いですネ。

 

子どものマスクの作り方★好きな柄の生地で

表側は子供が好きなキャラクター生地を使い、裏側の部分には柔らかな感じの口当たりの良いガーゼを使ったマスクです。出来あがりサイズは簡単ガーゼマスクと同じです♪

2種類生地マスク 画像引用元http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/10142.html

【材料】表生地:縦17.0cm×横17.0cm / 裏生地(Wガーゼ):縦17.0cm×横11.0cm、マスクゴム(25~30cm)を2本

【作り方】
①表と裏の生地を中表にして縦を合わせ、左右の端をそれぞれ1cmの縫い代で直線に縫います。

②左右の縫い代を表生地側へ倒します。アイロンを使うとキレイに倒せますよ♪

③上下からそれぞれ中心へめくり折ります。衣服の袖口をまくるような感じです。

④キレイに整ったら、アイロンで上下の端に折り目をつけておきます。

⑤そのまま表側にひっくり返し、左右の表生地が同じ長さになるように(1.5cmぐらい)、上下の端がキレイに揃うように全体にアイロンをかけます。

⑥端から2~3mmの部分を一周縫ってゴム通し部分を作ります。マスクゴムを通して完成です。

 

子供用プリーツ付きの立体型マスクの作り方

口元が息苦しくないようにプリーツ付きの立体型マスクもおすすめです。

マスク立体型
画像引用元 http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/25535.html

 

★かわいい立体マスクの作り方を紹介しています!
子供の風邪ですが、パパやママがもらってくる場合だってあります。
風邪の予防は、家族みんなで行いましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする