アロマオイルの種類と効果|ココロとカラダのスッキリ対策

年度末に向けて、仕事がどんどん忙しくなってくる・・

そんな時期ではないでしょうか?

仕事が忙しくなると、疲れが取れないしプレッシャーも大きくなるし。。

ぐっすり寝たいのに、なかなか眠れないし朝もスッキリ起きられない・・・。

そんな毎日を、アロマの香りで癒してみませんか?

アロマオイル 種類

画像引用元:http://aromaoil.joho117.com/

スポンサーリンク

○アロマオイルってどんなもの?

アロマオイルは、その時の気分や体調にあった種類のオイルを使って香りを感じることで、不調を改善したり、リラックスしたりする効果があるのです。

アロマオイルは、1本5~10ml入りの物が多く、価格は100円ショップのものから1本数千円と、さまざま。

オイルの種類も、香りの種類や効能によってた~くさんの種類があるんですよ。

○アロマオイルの種類と効果

アロマオイルには200~300種類のものがあると言われています。

また、オイルを数種類ブレンドして使うこともできるので数えきれない組み合わせが存在するようです。

ここでは、気分によってオススメのオイルをご紹介しますね。

眠れない夜には・・・

自律神経に作用して、気持ちをリラックスさせてくれるラベンダー

鎮静作用があるといわれるカモミール

 イライラする時には・・・

気分をリラックスさせ、緊張をほぐしてくれるイランイラン

リフレッシュ効果で気分を明るくしてくれるオレンジ

 プレッシャーを感じる時には・・・

不安な気持ちをほぐしてくれるグレープフルーツ

なくした自信を取り戻してくれるジャスミン

など、その時の気分によって最適なオイルを選んでみましょう。

○花粉症にも効くアロマオイルはこの種類

アロマオイルには、その時の気分を癒してくれるだけでなく、身体の不調にも効果のある香りがあります。

これからシーズンを迎える花粉症にもアロマオイルが有効。

ムズムズした鼻の通りを良くするには、ペパーミントやユーカリ

ミントの香りで鼻がスーッとする、というのは経験のある方も多いのではないでしょうか?

実はペパーミントには、他にも鎮静作用があると言われ、頭痛や生理痛を緩和させる香りでもあるんです。

ユーカリには、鼻や呼吸器のトラブルを緩和する作用があり、また鼻づまりでボーっとした気分の時にも集中力を高めてくれる作用があります。

「目のかゆみ」には、ラベンダー

殺菌や鎮静作用で、目のかゆみを落ち着かせてくれます。

花粉症の症状が出てきたけど、あまり薬に頼りたくない・・

そんな時には、アロマの力で症状緩和にチャレンジしてみてはいかがですか?

○アロマオイルはどうやって使うの

アロマポットにオイルを垂らし、キャンドルの炎で加熱して・・というのが一般的な使い方のようですが、

電気式のアロマディフューザーも販売されています。

アロマオイル 種類

画像引用元:http://www.muji.net/store/cmdty/section/S1070204

これなら火を使わないので安全、安心ですね。

器具がなくても、熱いお湯を入れたマグカップや洗面器にオイルを数滴垂らして吸入する方法や、マスクやハンカチにオイルを染み込ませて、外出先でも吸入する方法があります。

また、重曹やクエン酸を混ぜあわせ、アロマオイルを染み込ませて手作り入浴剤を作ることもできます。

ただし、いずれの方法もオイルが直接肌に触れないように、十分注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする