エアコンに自動掃除機能が付いているけど、お掃除は必要ですか?

「梅雨の前にエアコンのお掃除をと考えています。自動掃除機能がついているエアコンなら、お掃除をしなくても大丈夫?」

エアコンを使用する時期が近づくと、エアコンの中に溜まったホコリやカビが気になりますね。

エアコンを使用する前にお掃除をしようと考えますが、最近の自動掃除機能の付いているエアコンならお掃除をしなくてもいいんじゃないの!?と思っている方が多いのではないでしょうか。

エアコン 自動掃除

画像引用元 http://www.nishituga.com/blog/archives/537

エアコンの中でもフィルターを自動洗浄する機能のあるエアコン」を自動掃除機能付きエアコンと呼びますが、実は、大半のお掃除機能付きエアコンでキレイにできるのはフィルター部分だけなのです。

ですから定期的なお掃除が必要となります。

スポンサーリンク

エアコン自動掃除機能について

自動掃除機能付きエアコンは、自動だからと言って放置しておくと様々な不具合が発生する場合があります

アルミフィンにホコリが溜まってエアコンの効き目が悪くなったり、吹き出し口にカビが発生してアレルギーの原因になったりする可能性もあります。

現在のエアコンの自動掃除機能では完全な汚れの付着防止や除去は不可能ですので、やはり定期的なお掃除をしてください。

自分でエアコンの掃除をする場合の注意事項は?

自分でエアコンの掃除をする場合、まず初めにエアコンの仕組みとフィルターの特性を理解するようにしてください。特性を理解した上でお掃除をすると、より効率的に汚れを落とす事が出来ます。

・市販のエアコン洗浄スプレーは十分注意をして使いましょう。

市販のエアコン洗浄スプレーは、使い方を間違えるとエアコンが故障したり、水漏れの原因になる可能性もありますので。

・電装部品に洗剤がかからないように注意しましょう。

電装部品に洗剤がかかるとエアコンが故障してしまいます。電装部品の近くにかからない様十分注意を!スプレーの噴射をしっかり見るようにしてください。

・汚れがひどい場合、水漏れの原因になる事がありますので注意しましょう。

熱交換器の汚れやホコリが多いと洗浄スプレーで流しても、エアコン内部のホコリが外に流れきれずにドレンパンの中で溜まったままになってしまいます。

ホコリが乾いて固まってしまうと、そのホコリがダムのように結露水をせき止めてしまい、上手く外に流れないでポタポタと水漏れするようになります。

また、うまく流れたように見えても、ホースの中でホコリが詰まってしまう場合があります。

自分でエアコンの掃除をする場合

●フィルターの掃除

1.まずフィルターを外す前にフィルターの周りやエアコンのパネル部分についたホコリを掃除機で吸っておきます。
フィルターを外した時にホコリが降ってくるのを防ぐ事が出来ます。

2.フィルターはゆっくり丁寧に外します。
非常に薄くて柔らかいプラスチック樹脂で出来ているので無理に引っ張ったりねじったりすると破損する可能性があります。

勢いよく引っ張りすぎると奥からホコリの塊が落ちて来ることもあります。

3.ホコリはフィルターの外側に付いているので、外側からそっと掃除機をかけます。内側から吸うと、逆にホコリがフィルターの目に詰まってしまいます。

4.月に1回はお風呂場で水洗いして日陰干しをします。
掃除機で吸うだけでは目に詰まった細かなホコリが完全に取れないので、掃除機で吸った後、2回に1回は浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう

掃除機とは逆に裏側からシャワーをあてること! 外側から水圧をかけると逆に目詰まりしてしまいます。

洗剤を使う場合は台所の中性洗剤を水で薄めた物を、柔らかいブラシを使って洗うとフィルターを傷めません。
エアコン 自動掃除画像引用元 http://duskin-rakuyo.com/

●吹き出し口とルーバーの掃除

熱交換器を通った空気が出て来る最後の部分が吹き出し口です。

吹き出し口が汚れていると部屋中に汚れた空気をまき散らす事になりますから、手の届く範囲でキレイに拭き上げましょう。

椅子に乗って作業する場合は安全の為に必ず誰か下についてもらいましょう。

手が届かない場合や自信が無い場合は、無理に作業せずプロに頼むようにしましょう。

1.掃除を始める前に、必ずエアコンの室内機の横にあるコンセントを抜いてから作業を始めてください。またはブレーカーを落としてください。

2.吹き出し口のルーバーを手で回します。ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても、電源を入れれば自動で元の位置に戻ります。

ただし、ルーバーを軽く回して動かない機種の場合、無理に作業をしないようにしてください。故障の原因になりますので!

3.エアコンの中の拭き上げは、タオルに中性洗剤を薄めた物を染み込ませ、指に巻いて拭いていきます。

届かない場合は細長い定規のようなものにタオルを巻いて拭きましょう。

洗剤を使った後はもう一度水でしぼって仕上げ拭きして下さい。

中の方に見えるファンに付いている汚れは、プロが使う専門の器材と洗剤が無いと取れませんので触らないように注意しましょう。

4.キレイになったらコンセントを差して電源を入れ送風運転をして完了です。

この時、汚れが残っていても運転中には決して触らないように!中のファンに指が巻き込まれたりすると大変危険です。

エアコン 自動掃除 画像引用元 hhttp://www.osoujihonpo.com/guide/ozaki/aircon/article12112901.html

エアコンの掃除を業者へ依頼する場合の費用は?

エアコン本体のコスト高は当然ですが、一般のエアコンに比べてエアコンクリーニングのコストが割高となります。

なぜなら自動掃除機能付きエアコンの場合、構造が複雑な上に、分解・組立の手間が従来型のエアコンに比べて大幅に増えます。デリケートなパーツも多く、故障リスクも大きくなります。

エアコンの掃除を依頼する場合、まずどこのメーカーのエアコンであるかを伝えて見積もりをお願いします。

メーカーによっては、業者さんから「エアコンクリーニングサービスの対象外です」と言われる場合もありますので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする