ハクモクレンの育て方教えてください。庭のある家に住むので!

庭があったら、一度はハクモクレンを育てたい! 白木蓮が好きな方は皆さんそう言います。

春を告げる花として知られるハクモクレン。その純白の花はとても芳ばしい香りを放ち、品格のある美しい花から豪華な雰囲気が感じられます。

遠方から眺めてもひときわ目立つ純白の白い花、白木蓮の花が咲いた庭はとても素敵ですネ♪

ハクモクレン 画像引用元 http://blogs.yahoo.co.jp/heijyousennto1300/11313911.html

ハクモクレンは日が当たると花が開き、暗くなると閉じてしまいます。成長が早く、開花の時期が長いのでとても魅力的ですが、西日よけなどとしても利用されます。

日当たりがよく、風通しの良い環境で育つハクモクレン、実際に育てるのは大変なのでしょうか?

スポンサーリンク

白木蓮の基本的な育て方

・ハクモクレンの植え付けや植え替えの時期は、2~3月、11月が適しています。寒い地方では春に植えます。

・風や霜に弱い樹種なので、高い建物やほかの高木の陰に植えて、春の強風や冬の寒さから守ります。

・完熟の腐葉土を混ぜ込んだ土に浅めに植え付けします。直根性なので、耕土が深く柔らかいと大木になりますが、土が固いと成長が遅くなります。

・雨が当たるような場所であれば特に水は必要ありません。よほど雨が降らないとか、乾燥する場所であればたっぷり水を与えてください。

・肥料は株の周りに穴を掘って与えますが、2月頃、寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を与えるようにします。病害虫はあまり心配いりません。

・剪定はあまり必要ありませんが、無駄に伸びている枝を剪定したい時には落葉の時期に行ってください。基本的に長い枝の先端には花芽をつけないので、切り落としても大丈夫です。

・全体的に大きくなりすぎた場合は、花が咲き終わった直後に行ってください。真冬の剪定はさけましょう。

ハクモクレンは鉢で育てられますか?

鉢で育てることは可能です。うまく剪定すれば小さく育てることができますが、花びらだけでも大人の手のひらほどになりますので、あまり一般的ではありませんしおすすめしません。

どうしても鉢で育てたい場合は、モクレンの中でも小型の「ヒメコブシ」などがいいかもしれません。モクレンより少し遅れて花が咲きますが、その風情はモクレンとあまり変わらずに見事です。

ヒメコブシ
画像引用元 http://blog.goo.ne.jp/kinokobito/e/79d7447cef0f4c35016a37b5599dd258

鉢にハクモクレンを植え付けた場合は、鉢を直接土の上に置かないようにしてください。土の上に置くと、鉢から出た根が土にまで進入してしまい、鉢を移動できなくなってしまいます。鉢植えの場合は土が乾いたら水を与えるようにしてください。

モクレンの仲間たちは、根が太いわりには柔らかく脆いので移植はとても困難です。育った木を鉢から植えかえるのは大変です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする