2014年 全国高校ラグビー大会 今年も熱いぜ!

全国高校ラグビー大会は毎年12月末から1月にかけて行われる高校の選手権大会であり、大阪の近鉄花園ラグビー場で行われています。

毎年エンディングテーマなども変わり、第93回のラグビー大会ではニホンジンの「熱くなれ」という曲が主題歌になっていたり、応援サポーターとして大会キャラクターなども選ばれたりと、大会の人気度を表していますね。

ブロック割では北海道(北、南)東京、大阪ブロックと出場高が各都道府県ごとに分かれています。



ここ最近の結果をふりかえりましょう。

2013年の全国高校ラグビー大会の優勝校は東海大仰星(大阪)で、19-14で桐蔭学園を破りました。

2011年の全国高校ラグビー大会では東海大仰星(大阪)は東福岡高(福岡)に敗れたのでその悔しさから挽回しましたね。

常翔啓光学園(大阪)や啓光学園(大阪)も続けて優勝した過去があるので、今年も優勝する期待感がありますが、新ししく出場する高校にも優勝してもらいたいですね。

2014年の全国高校ラグビーはどこが優勝するかはまだ分かりませんが、東福岡校(福岡)や、東海大仰星(大阪)は強豪なので、見逃せない所でもあります。

2015年 全国高校ラグビー大会 その概要とは?
画像引用元 http://www.highs.josho.ac.jp/principals/2014/06/7-1.html

 

スポンサーリンク

●2014年全国高校ラグビー大会の注目高を知りたい!

やはり去年と今年も注目したい高校は東福岡(福岡)と東海大仰星(大阪)ですよね。

その中でも注目選手が何人かいるようで、プロ顔負けの試合を見せてくれましたね。

堀越康介選手などは走りが早く勢いもあり、日本人初のスーパーラグビー選手となった田中史朗選手が目をつけた選手でもあります。それ以外でも、東福岡(福岡)の金子崇選手も強さなどがすごいと、田中選手が注目している選手の一人のようです。
注目の東福岡校(福岡)や東海大仰星(大阪)では何人か注目したい選手がいるようで、これからの活躍も期待したいところですね。
1月に行われる決勝戦では東海大仰星(大阪)vs桐蔭学園(神奈川)が出場の切符を手に入れましたが、強豪東海大仰星校をどのようにマークできるかが今後の桐蔭学園(神奈川)の大きな課題となることは間違いないようです。

N20140106103908

画像引用元 http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014010610390803.html

●全国高校ラグビー大会過去3年の決勝結果を知りたい!

全国高校ラグビー大会過去の決勝戦結果をチェックしましょう。

は第90回(2010)目は桐蔭学園(横浜)と東福岡が31対31で両校 優勝という結果になりましたね。

両校譲らない強さを発揮して、後半1点差のところで、桐蔭がボールをうまく回したところで両校、優勝ということになりました。
両校強豪ということもあり、見逃せない試合になりましたね。

91回(2011)の決勝は東福岡(福岡)が東海大仰星(大阪)を36-24 で破りました。

またもや東福岡(福岡)の優勝となり、東海大仰星(大阪)も攻めのボールが多かったものの、東福岡(福岡)のスピード感あふれるボールの流れには勝てなかったようです。

92回(2012)の常翔学園(大阪)と御所実の試合は17-14で常翔学園(大阪)が勝利を果たしましたね。

前半からの攻めが御所実にプレシャーを与えて、後半21分にチャンスを生かしたのが良かったのか、常翔学園(大阪)の勝利となりました。

2014.06.08 ③

画像引用元 http://www.highs.josho.ac.jp/principals/2014/06/7-1.html

今度の大会ももどうなるか楽しみです。

ラグビーはサッカーや野球に比べて、強豪高が優勝するケースが多いように見受けられます。

2014年はフレッシュな学校が旋風も巻き起こすのも、期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする