飛騨古川祭の起し太鼓|大迫力&きらびやかな神事の二本立て!

岐阜県の北部、飛騨市古川町。

飛騨の小京都と呼ばれる飛騨高山から10キロほど北に離れた場所にあります。

この古川町にある気多若宮神社の伝統行事、飛騨古川祭は毎年4月19日から20日にかけて行われ、県内外から多くの観光客で賑わいます。

会場となる気多若宮神社。JR高山本線の飛騨古川駅から徒歩圏内です。


大きな地図で見る

スポンサーリンク

○飛騨古川祭ってどんなお祭り?

飛騨古川祭は、日本の三大裸祭りの一つで、国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事です。

祭りでは、荘厳な「起し太鼓」や豪華絢爛な「屋台行列」が古川町の市街地を練り歩きます。

 起し太鼓:激しいぶつかり合いが見どころ

飛騨古川祭の初日である4月19日の夜、21時30分頃から始まる「起し太鼓」

飛騨古川祭 起し太鼓画像参照元:http://www.kankou-gifu.jp/

小さな「付け太鼓」集団が大きな「起し太鼓」に向かって突進していく。

それを阻止する起し太鼓集団。この激しい攻防が見どころなんです。
この起し太鼓、夜9時半に始まって、深夜1時半頃まで続くんだそうですよ。

昔は、この起こし太鼓の通り道付近の家の住人は、親戚や知人を自宅に招いてお酒や料理を振る舞いながら祭りを楽しむ「呼び引き」という風習もあったそうです。

地域一丸となって楽しむお祭りなのがわかりますね。

 豪華絢爛 屋台行列

起し太鼓の翌朝からは、屋台行列が始まります。

美しい屋台(山車)が練り歩く姿は、起し太鼓の「動」のイメージとは対照的な「静」のイメージ。

飛騨古川祭 起し太鼓

画像参照元:http://monsukewc.exblog.jp/

屋台では、こんな子供歌舞伎も行われています。

飛騨古川祭 起し太鼓
画像参照元:http://ja2hyd.main.jp/

白塗りの子供たちが、義経と弁慶を演じるんです。
かわいらしい子供たちですが、しっかりとした演技で観客を魅了しています。

○飛騨古川祭りを満喫するには

祭り期間中の飛騨古川町は、多くの観光客で賑わいます。

上のマップの通り、会場の最寄り駅はJR飛騨古川駅。渋滞や駐車場事情を考えると、やはり車よりも電車でのアクセスがオススメです。

JR飛騨古川駅の構内には飛騨市観光案内所があります。祭りに行く前に、ここで詳しい案内図をもらって情報を集めておきましょう。

また、駅から徒歩5分の場所には飛騨古川まつり会館があります。ここでは、祭りについての歴史を知ることができたり、からくり人形の操作体験などもできます。

起し太鼓や屋台行列を見る前に、ここで祭りの背景を学んでおくと祭りが何倍も面白くなるかも!?

 ○飛騨古川祭り 周辺の観光

祭りの喧騒を離れて、ゆっくり飛騨の観光をするには、飛騨高山がオススメです。

飛騨古川までは、JR高山駅から電車で15分ほど。駅周辺に温泉旅館も多くあり、観光の拠点にするにはピッタリですね。

ちょうど桜が満開のシーズンでもあるので、夜は夜桜も楽しめます。

古川祭の時期には、高山駅から徒歩12分の中橋ではこんな美しいライトアップを見ることができます。

飛騨古川祭 起し太鼓画像参照元:http://www.kotoyume.com

飛騨古川祭りの勇壮な雰囲気と、桜満開の飛騨観光、素敵な春の旅になりそうですね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする