赤ちゃんの海水浴はいつからOK?注意や必需品など

夏と言えば海水浴!「夏は恋人や家族で海水浴が定番」なんて方も多いのではないでしょうか?
今年は新しく増えた家族、「可愛い赤ちゃんも一緒に海水浴!でも、赤ちゃんって海水浴は大丈夫なの?」と、疑問に思ってらっしゃる方もいるでしょうね。

今回は、赤ちゃんの海水浴はいつからOKなのか?注意や必需品等をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの海水浴はいつからOK?

赤ちゃんを海水浴させるのならば、生後7か月以降にしましょう。浜辺を短い時間お散歩するのならまた別ですが、大人と違ってまだ体温調節もうまくできない赤ちゃんを海に入れるのならば、最低でもそのくらいの月齢になっていた方が安心です。

いきなり海水浴では赤ちゃんにとって負担になってしまいます。海に行く前に、肌を外気に触れさせる機会を作ったり、家庭用のビニールプールなどで水遊びをして水に徐々に慣らしておくことが大切です。

時間も長くても一時間くらいを限度にしましょう。また、赤ちゃんが海を怖がるようなら、無理せず、様子を見て判断し、諦めることも肝心です。

赤ちゃん 海水浴 いつから 注意 必需品画像引用元:http://miyumiyukawaii.at.webry.info/

赤ちゃんとの海水浴に必需品は?

紫外線対策に最も重要です。
海水よりもむしろ浜辺の強い紫外線の方が赤ちゃんの肌にとっては負担になりますから、紫外線対策をしっかりしておきましょう。そのうえで、用意したいものは以下のものになります。

赤ちゃんとの海水浴の必需品

  • 日焼け止め
    赤ちゃん 海水浴 いつから 注意 必需品 画像引用元:http://blog.hankyu-dept.co.jp/
  • タオル
  • 食料や飲料の入ったクーラーバッグ
    赤ちゃん 海水浴 いつから 注意 必需品 画像引用元:http://www.captainstag.net/mn/images/11317.jpg
  • 粉ミルク、哺乳瓶、お湯の入った魔法瓶(ミルクで育てている場合)
  • 帽子(首まで隠れるもの)、長袖の服やラッシュガードなど
  • 着替え
  • 水着
  • 水遊び用おむつ
    赤ちゃん 海水浴 いつから 注意 必需品 画像引用元:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp
  • サンダルや脱ぎやすい靴(自分で歩ける赤ちゃんの場合は、熱い砂から守る履物が必要です)
    砂遊びセットやビーチボールなどは、赤ちゃんの月齢によって必要であれば用意しておくと砂浜で遊べます。

赤ちゃんの海水浴における注意点は?

海に入る時間帯は、日差しが強い午前10時から午後3時くらいまでは避けるようにしましょう。

注意点

  • 赤ちゃんを海水浴させるなら、朝のうちか夕方の時間帯にしましょう。
    日差しが当たる場所にいる時間は5~10分程度にしておいた方が良いです。
  • 大人が冷たくないくらいの海水温度で、一度に海水に入れる時間は2~3分くらいにしておきましょう。(生後12か月くらいまではまだ体温調節がうまくできないので、大人にとっては少し冷たいと感じるくらいの水温でも、赤ちゃんにとってはとても冷たく感じます。)
  • 海水を飲んでしまわないように気を付けましょう。
    海水を飲んでしまうと胃腸炎を起こしたり、皮膚、耳、目などの感染症にかかる危険性があります。
  • 海から出たら、その都度海水を洗い流してあげましょう。
    赤ちゃんの肌には海水や潮風は強すぎるので、帰ってからでは無く、その場で洗い流してあげましょう
  • 必ず海の家などを利用
    海辺は大変日差しが強くて気温も高くなりますから、テントやビーチパラソルでは暑すぎて赤ちゃんには厳しい環境
    赤ちゃん 海水浴 いつから 注意 必需品 画像引用元:http://www.jspkamakura.com/image/genbay3.JPG
  • 熱中症予防に水分は大目に摂りましょう
    潮風に当たるのは体力を消耗しますから、帰ったら早めに休ませましょう。
 

赤ちゃんを連れての海水浴は、紫外線対策など注意点がいくつもあります。大人の海水浴に赤ちゃんを連れて行くのではなく、「赤ちゃんを遊ばせるために大人が付いていく」のだということを忘れずに、赤ちゃんが快適に過ごせるように気を付けて、楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする