子供が喜ぶ簡単ヘアアレンジ ―毎日の通園・通学-

毎日忙しくても、子供の髪の毛を結ってあげる時間は、子供にとっては頭をなででくれるように感じたり、愛情を感じられる時間。

子供はお母さんに結んでもらった髪型は、大きくなっても覚えているものなのです。

ぶきっちょなお母さんでも簡単に出来るヘアアレンジを紹介します。

子供も通園・通学がもっと楽しくなるかもしれませんね♪

 

スポンサーリンク

・ヘアグッズで子供のヘアアレンジも簡単に可愛く♡

可愛い色やデザインのパッチン留めやカラーのシリコンゴム等、つけるだけで可愛くなれる飾りゴム等は子供のヘアアレンジには必須です。

いずれも100均で購入できるものばかりです。

mobile_picture

画像引用元:https://locari.jp/posts/3639

 

・子供に人気!ポニーテールの簡単応用ヘアアレンジ。

人気で定番のポニーテールも結ぶ高さや結び方に少し手を加える(変える)だけでいくつものヘアアレンジが出来、違う雰囲気になるんです。

・きっちり、しっかりと結ぶとちょっとお姉さんな雰囲気に

しっかりして活発な印象になるので、子供もお姉さん気分でお母さんのお手伝いをしてくれるかもしれませんね。

・手櫛やブラシでラフにまとめると柔らかい雰囲気に。

幼い子にはラフな雰囲気がとっても似合いますね。まだ、髪の毛が薄くて細いのできっちり結うよりも子供の髪の毛にも優しい結び方です。

・ポニーテールが耳と平行な位置だと、素朴で子供らしくなります。

mobile_picture55

画像引用元:https://locari.jp/posts/3639

・ポニーテールの位置を高くしてお団子に♡

ポニーテールを高い位置で結び、最後は抜ききらずに、おだんごの状態で終わりにするととってもキュート♡

位置が高いほどよりかわいらしい印象になります。

シュシュで結べばオシャレさんに大変身!

ふわっとした雰囲気が女の子らしくて可愛い♡

mobile_picture3 画像引用元:https://locari.jp/posts/3639

・活発な子供にはいつものポニーテールに一工夫

頭のトップで一度結ぶことで遊んでもぼさぼさになり難くなります。

公園で動きまわってもへっちゃら!

 

mobile_e714ed541f85910ea86caf686d1ec417

画像引用元:https://locari.jp/posts/8100

・ポニーテルがキティちゃん?ミッキーマウス?のようなリボンヘアに

ちょっと奇抜で難しそうなリボンヘア。

これもポニーテールのヘアアレンジで簡単にできちゃうんです♪

こちらは動画で分かりやすく説明されています。
 

 ・子供らしいツインテールも簡単にヘアアレンジ

・分け目をジグザグにする。

まずは一番簡単なヘアアレンジ。分け目をジグザグにするだけでちょっと違う雰囲気になります。

・ツインテールにしてツイストにするだけの簡単ヘアアレンジ。

ツインテールにしてツイストして毛先を結うだけ。

ツインテールにした部分に髪飾りを付けてあげるととってもキュート♡

子供が動き回ってもくずれません!

mobile_picture2

画像引用元:https://locari.jp/posts/3639

・ツインテールにしてお団子にしても可愛い♡

前述のポニーテールのお団子の要領でツインテールでもお団子に。

ツインテールは車や乗り物でも、邪魔になりません!逆に、ポニーテールだと後頭部の邪魔になってしまいます。

遊園地に行くときや車で遠出するときはツインテールの方が子供も乗り物に乗りやすいですね。

mobile_picture333

画像引用元:https://locari.jp/posts/3639

・子供(女の子は特に)お母さんとお揃いのヘアアレンジが大好き♡

休日には親子で同じような髪形でヘアアレンジを楽しんで一緒にお出かけするとも子供は嬉しいでしょう。
同じヘアアクセサリーをつけるだけでもきっと大喜びですよ♪

h-grey3

画像引用元:http://chouchou-de-jumelles.com/SHOP/chouchoudejumelles95.html

いかがでしたか?

簡単に、女の子が喜びそうなヘアアレンジができることを、お分かりいただけましか?

今度の休日には、親子お揃いヘアで出かけるのも楽しいかも!

 

※ちょっとした発表会等のアレンジヘアはこちらにまとめました。

 

女の子にとっては、ヘアスタイルが決まるかどうかで、一日の気分が決まります。

ママはそんな女の子を、ヘアスタイルでルンルンにさせてあげましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする