年越しそばのおいしレシピ【関東VS関西】

今年もそろそろ年越しそばの時期がやってきました。
通常、年越しそばは年明け前に全部食べ切るということになっています。
食べきるためには、作りすぎないように家族がおいしいと言ってくれるおそばを作りたいですよね。

年越しそばの種類は「盛りそば」「かけそば」「ざるそば」と3種類の中からどれにしようかまずは決めてからレシピを考えるのですが、できるだけ、夜に食べるので、シンプルなものが好まれるようです。



そんな一番人気の年越しそばレシピは、定番中の定番、エビのてんぷらそばでした。
でも、意外にてんぷらを揚げるのに手間がかかる場合があります。
てんぷらを作るのは面倒な人は、エビのてんぷらをスーパーで購入してきて、おそばにトッピングする人も多いようです。ですが、そばつゆは手抜きしてはいけません。

年越しそばをおいしくいただくレシピと、関東と関西の違いとは?画像引用元 http://r.gnavi.co.jp/sp/enkai/toshikoshisoba/toshikoshi_07.html

<そばつゆを作るのに必要な調味料>
(2人分)
蕎麦200g
酒150cc
水300cc
砂糖大3
本みりん100cc
醤油50cc
麺つゆお好み量
ネギはお好みで好きな量

スポンサーリンク

年越しそば、関西と関東違いって何?

年越しそばの関西と関東の違いはまず、醤油に違いがあります。

関東では濃い口醤油、関西では薄口醤油が使われることが多く、ダシも、関東では鰹節、関西では昆布を使うことが多いようです。

関西では厚めの昆布を使用するので、ダシにうまみ成分がよく出ているのが分かります。
関東は色味は濃いのですが、味的には薄いと言われるのもそのせいでしょうか。

具も、関東ではてんぷらそばが主流で、関西では鰊を使う人が多いようです。
ネギを散らしたり、薬味で味を調整する部分ではあまり変わりはありませんね。

soba1

画像引用元 http://kobe1024.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

 

年越しそばを短時間でおいしく作りたい人向けレシピとは?

年越しそばを短時間でおいしく作りた人向けレシピを紹介します。

年越しそばでは、暖かいおそばを作る人が多いですが、今回はつけ麺風そばのレシピを紹介します。
以下の材料を用意します。

 

つけ麺風そば作り方>

(2食分レシピ)
まず、きねうち麺 ざるそば 2食分
水 100ml
鶏もも肉 60g
ネギ 5cm
鶏肉は1cm角程度に切り、ネギは短冊切りにします。
そのあと、鍋にざるそばつゆと水を入れて、沸騰したら鶏肉をいれます。
火が通ったら、長ネギをいれれば、そばつゆの出来上がりです。
そのあとそばを茹でて、麺をザルにあげて、つゆを小鉢にいれたら出来上がりです。
仕上げに刻みネギと薬味をいれて下さいね。簡単でおいしくいただけます。

instagram.com
画像引用元 http://haruko416.hatenablog.com/entry/2014/03/08/184019

それ以外では鰊の年越しそば人気のレシピです。
おそばに一つでもトッピングされてると、栄養のバランスも良いし、彩も綺麗なのでおすすめです。

 

鰊の年越しそば作り方>

ソフト身欠き(にしん)180gを用意して、2枚を半分に切ってから、水と酒で煮てアクを取り除いてから、下味をつけます。
砂糖と本みりんと醤油を入れて、あくを取りながら、じっくり弱火で煮てください。

16aac8f5e5c0402b4abb83cd5a45423f
画像引用元  http://cookpad.com/recipe/425463

そのあとは上記のそばとそばつゆを作り、をのせて、長ネギを散らせば出来上がりです。
簡単でおいしいので人気のレシピです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする