花粉症対策は食事から変えていきましょう!

花粉症が増加してきた原因の一つとされているのが食生活の変化です。肉食中心の高カロリーな食生活や、タンパク質の過剰摂取などで動物性タンパク質が多くなり、さまざまなアレルギーを起こしやすい体質へと変わりました。

また、子供のころから不規則な食生活、栄養のかたよった食事、インスタント食品やスナック類、加工食品などの食品添加物を多く含む食品を摂り続けていることも、大きな原因のひとつです。

食生活の改善で、少しでも花粉症を予防することができるのなら、食生活を見直すことはとても大切なこと。

花粉症対策に少しでも効果があるのなら、まずは食事から変えていきましょう!

 

kafun

画像引用元:http://www.adaboardswfl.org/

スポンサーリンク


花粉症対策に食事に取り入れたい食べ物

◆シソ

シソの葉には、体内で抗体が過剰に作られるのを抑制する働きがあり、アレルギー症状を抑える成分ポリフェノールの一種「ロズマリン酸」が含まれています。青ジソよりも赤ジソの方がロズマリン酸の含有量が多いので、赤ジソジュースなどにして摂取すると効果的です。


◆青魚(アジ・サバ・イワシ・鯛)

アジ、サバ、イワシ、鯛などの青魚に多く含まれる「EPA 」「DHA」には、アレルギー症状を抑える働きがあります。

◆ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内細菌のバランスを改善して免疫力を高め、腸内環境をよくする働きがあり、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を改善してくれます。鼻づまりに効果的です! 花粉の飛散が始まる前から習慣的に取り入れるようにするのがおすすめです。

◆レンコン

レンコンにはビタミンCが多く、カリウム、カルシウム、鉄、銅などのミネラルが豊富です。ビタミンC粘膜を丈夫にし、すぐに変色する原因であるポリフェノールの一種「タンニン」には、抗酸化作用や粘膜の炎症をおさえる作用があります。

◆柑橘類

柑橘類に多く含まれるビタミンCには、抗ヒスタミン作用や抗酸化作用があります。特に話題になっているのが、和歌山県北山村特産の「じゃばら」の果汁が花粉症改善に効果があると言われています。

そのほか、トマト玉ねぎ長ネギ人参かぼちゃ大根かぶごぼうキノコ類ホウレン草や、納豆・みそ・漬物などの発酵食品にも効果があります。

緑茶やハーブティー、ルイボスティー、はと麦茶などの飲み物も効果が。

 

花粉症の予防対策上、避けたほうがよい食事

・油ものや揚げ物中心の食事!

・辛いもの、刺激のある嗜好品!

・パンや麺類は控えめに!

・卵や乳製品を摂りすぎない!

・インスタント食品などの食品添加物は控えめに!

・お菓子などの甘味類の摂り過ぎに注意!

・アルコールはなるべく控える(飲む場合は日本酒やワインを!)

・たばこも吸わない方がよい!

 

花粉症対策おすすめレシピ

★簡単シソジュース 
花粉の飛ぶ前から、毎日続けて飲むのが効果的です。

シソジュース

画像引用元:http://blog.livedoor.jp/rac050101/archives/50724598.html

材料:大葉(又は赤ジソ)約4~5束、水2カップ、砂糖160g、クエン酸5g

作り方
①大葉をキレイに洗って手でちぎり、鍋に入れて分量の水を加えます。
②①を火にかけて煮立て、沸騰してから約4~5分煮て葉を取り出します。
③砂糖を加えて煮溶かし、火を止めます。
※濃縮タイプにするので砂糖は多めに。
④クエン酸を少しずつ加え、キレイなピンク色に仕上げます。ペーパ―タオルでこし、冷ましてから冷蔵庫で保存します。

※濃い目に作りますので、飲むときは水で割ってお好みで!

 

★サバのトマト煮
トマトに含まれるリコピンも花粉症の症状を和らげてくれます

作り方はこちらをからどうぞ!

以上各種花粉症を緩和する上でいいとされている食べ物、また反対に避けた方がよい食事をご紹介いたしました。

もちろんアレルギー症状がひどいときは薬に頼ることになると思います。

ただ、日常の心がけとしては、花粉症対策上よいとされている食事をして、基礎的な抵抗力をつけていくべきですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする