ダイエット中の外食|3つの体質別メニュー選びのポイントは?

もうすぐ春ですね~。暖かくなってくると、ファッションも楽しくなりますが、どんどん薄着にもなりますね・・・。

冬に太ってしまい、体のラインが心配な方も多いのではないでしょうか?

ダイエットをしたい!でも、外食が多く、メニューやカロリーを気にして食事を摂るのに、なかなか痩せない!なんて経験ありませんか?

これは、自分の太り方のタイプに合っていない”外食のメニュー選びや食べ方”が原因なんです。

自分のタイプにあった「外食のメニュー選びや食べ方」が、ダイエットの成功の秘訣なのです。ダイエッ ト外食 メニュー画像引用元:http://investtrend.jp/1705.html

 

スポンサーリンク

自分の太り方タイプを知って、ダイエット中の外食も安心!

太り方のタイプは、以下の三つに分かれます。

リンゴ型

内臓脂肪がつきやすい特徴があります。全体的に太っている方が多いです。

洋ナシ型

下半身太りになりやすい特徴があります。上半身は痩せている(標準)なのに下半身だけ太い方が多いです。

バナナ型

太りにくいが痩せづらい特徴があります。痩せている人が多いですが、太るとなかなか痩せない人が多いです。

あなたはどのタイプですか?さっそくチェックしてみましょう!

下の表で一番多かったものが、あなたの太り方のタイプです。

チェックしてみてくださいね!
リンゴ型
(内臓脂肪がつきやすい)
洋ナシ型
(下半身太りになりやすい)
バナナ型
(太りにくいが痩せづらい)
Q1 太り始める部分は? お腹 お尻、太もも 全体的に
Q2 食べ物の好みは? ご飯、麺類、パン等の炭水化物 炒め物、揚げ物などの脂っこい物 肉や魚などの主食がなくてもOK
Q3 あなたの体型は? お腹ポッコリ 下半身太り 見た目は太っていない
Q4 食事の摂り方は? 三食きちんと食べたい まとめ食い、過食の傾向 不規則な食事時間、朝食抜き
Q5 ダイエットをすると? すぐに痩せるがリバウンドも早い なかなか効果がでない ダイエットの経験が無い
ダイエッ ト外食 メニュー

画像引用元:http://online.sbcr.jp/2014/04/003718_2.html

ダイエット中の外食メニュー選び<タイプ別太り防止キーワード>

リンゴ型さん

  1. 白米・パン・麺などの炭水化物をできるだけ避けましょう。
  2. 食物繊維やビタミンB1の摂取を心掛けましょう。
  3. 食べる順序に注意しましょう。
    「野菜・海藻」→「肉・魚介・大豆製品」→「ご飯・麺類」と、食べる順序を意識しましょう。
  4. デザートは低糖のものを選びましょう。
  5. お酒は焼酎・ウィスキー等の蒸留酒を選びましょう。
ダイエッ ト外食 メニュー画像引用元:http://matome.naver.jp/odai/2135461284291163001

洋ナシ型さん

  1. 蒸し料理、煮る料理がオススメです。
  2. 油はバターやラードより、オリーブオイルやゴマ油を選びましょう。
  3. 肉は脂肪分の少ない種類や部位を選びましょう。
  4. お酒はロックより、水や炭酸で割ったものを選びましょう。
ダイエッ ト外食 メニュー画像引用元:http://makanmakan.exblog.jp/10445027

バナナ型さん

  1. 大豆製品でタンパク質の摂取を心掛けましょう
    タンパク質は良く噛んで食べることを意識しましょう。
  2. 栄養バランスのとれた”定食型メニュー”がオススメです。
  3. デザートはヨーグルトや豆乳、ナッツ類がオススメです。
  4. お酒だけで飲むのはNG。おつまみは必ず食べましょう。
ダイエッ ト外食 メニュー画像引用元:http://mainichigaisyoku.com/

ダイエット中の外食メニュー選び<ポイントとメニュー例>

リンゴ型さん

炭水化物をいかに少なくするかが、メニュー選びのポイントです。

逆に糖質はさほど気にせず、野菜・肉・魚介をバランスよく選んでくださいね。

<オススメ外食メニュー(例)>
  • 蒸し鶏と彩り野菜のグリーンサラダ
  • トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ
  • エビとアボカドのスィートチリマヨネーズ和え
    マヨネーズは糖分がほとんど含まれていないので、リンゴ型さんには優先調味料です。
  • メリハリペッパー焼き(鶏肉炒め)
    にんにくはビタミンB1の吸収を高める働きがあります。
  • ねぎとろアボカドのっけ寿司
    アボカドは低糖で食物繊維が豊富です。ビタミンB1も含むのでマスト食材!

洋ナシ型さん

動物性の脂を出来るだけ避けることが、メニュー選びのポイントです。

比較的メニュー選びはラクですが、揚げ物の衣は取る、川や脂身は残す等の食べ方に工夫をしましょう。
肉類は単体ではなく野菜と一緒に食べるものを選んでくださいね。

<オススメ外食メニュー(例)>
  • 海老ぶり大根サラダ
    大根の辛み成分インチオシネアートは脂質をつきにくくする働きがあります。
  • 真鯛の和風カルパッチョ
    植物油の中でも脂肪の代謝を活性化させ脂肪をつきにくくするオレイン酸がたっぷりです。
  • わさび薫る豚蒸ししゃぶ
  • 豚肉は代謝を促進する成分が豊富。調理法や部位は選んで。
  • 鳥のみぞれ鍋
  • ぽかぽかする料理は脂肪燃焼をしている証拠。マイタケも脂肪燃焼に効果があります。

バナナ型さん

定食メニューを選ぶことがポイントです。

小鉢・サラダ・主菜・主食など、いろいろな食材を摂りやすいのでオススメです。
その際タンパク質は、少なくとも2品以上選んでくださいね。魚介・大豆製品中心がオススメですよ。

<オススメ外食メニュー(例)>
  • 自家製冷奴
    豆腐は大豆そのものよりタンパク質の消化吸収にすぐれています。
  • 青ネギとじゃこのチョレギサラダ
  • 特大シイタケステーキ
    シイタケは低カロリーなうえに、筋肉に必要な栄養もバランスよく含まれています。
  • メロかまの煮つけ
    メロは深海の白身魚です。良質なたんぱく質で消化吸収に優れています。
  • 焼きおにぎり
    のりも大豆に負けない良質なタンパク源です。ビタミン・ミネラルも豊富です。
 

外食が多くても、ダイエット出来ることがわかりましたね!

むやみやたらに食事を抜くのではなく、自分のタイプにあった食事を、バランスよく摂取することがダイエットの成功につながります。

自炊をした方が脂質は少なくなりますので、出来る事なら外食は控えたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする