十三参りって何?服装は?どこにお参りするの?

十三参りってご存知ですか?

聞いたことが無い方もいるかもしれませんね。
生まれた年の干支が、初めて巡ってくる年(数え年の十三歳)に行われるのが十三参りです。
主に関西(特に京都)に伝わる習慣なんですよ。

お子様の成長を願って行う、「十三参り」についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

「十三参り」って何?

現在はあまり盛んに行われていませんが、いまから百年ほど前から始まった行事です。

数え年で13歳の男女が、福徳と智恵と健康を授けていただくために、親子ともども虚空蔵菩薩にお参りする習わしでした。

13歳という年齢は、初の厄年に当たります。また、その年齢の女の子はちょうど体が大人へと変わる頃であり、体調の変化も大きく、古くから厄年の年齢とされていました。

「十三参り」は主に関西(特に京都)に伝わる習慣で、関西以外の方にはご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

「十三参り」お参りの時期は?

お参りする日は、陰暦の3月13日、現在の4月13日にあたります。

「十三参り」は通常の厄除けのお祓いとは異なり、お祓いの期間は3月13日~5月13日の間とされています。

最近では、小学校を卒業し中学校に入学する前の春休みやGWに、厄を祓い知恵を授けていただくためにお参りする方が多いようですよ。

「十三参り」の服装は?

十三参り 服装画像引用元:http://www.kyorakuen.com/c_kimono008.html

女の子

着物の場合が多く、本裁ち(大人用)の晴れ着に踊り帯や、抱え帯を結び一人前の娘としての装いにします。

お母さんが成人式に着た”振袖”を着せる場合は、着物を肩上げをします。

振袖以外にも小紋、付け下げ、訪問着でも大丈夫です。

洋装の場合は、学校の制服やワンピースで参拝される方も多いです。

男の子

着物を着るケースは少なく、大抵の子がスーツなどの洋装です。
学校の制服で参拝される方も多いです。

男の子が着物を着たい(着せたい)場合は、紋付袴になります。

しかし、男女共に大人としての自覚を込めた服装であれば、特にこだわる必要はありません
大切なのはお参りし、祈るこころです。

「十三参り」どうやってお参りするの?

参拝する時に、祈願する事柄(目指したいものを現す)を漢字一文字(「知」「美」など)を、本人の自筆であらかじめ用意された半紙に本人が書き記し、祈祷してもらいます。

十三参り 服装画像引用元:http://ameblo.jp/hanano-wa0924/entry-11511198974.html

帰りには、お守りとお供物を(13品のお菓子)頂いて帰り、両親に感謝の気持ちを伝えます。子供の成長を見守ってくれる祖父母、親戚、知人などを招いて会食するのもいいですね。

また、祈祷しなくても、一文字を祈願した絵馬などを奉納するのもよいでしょう。

「参拝を終えたら、後ろを振り返ってはいけない」というしきたりがあります。振り向くと智恵を返してしまうという言い伝えからきた風習のようです。

動画もありましたので参考にどうぞ

「十三参り」で有名なお寺はあるの?どこへ参拝しに行けばいいの?

十三参りは主に関西(特に京都)に伝わる習慣です。
その京都では

法輪寺(ほうりんじ)(京都嵯峨嵐山/京都市西京区)が有名です。

十三参り 服装
画像引用元:http://ja.wikipedia.org

その他に関西なら

大平寺(たいへいじ)大阪市天王寺区

十三参り 服装画像引用元:http://4travel.jp

弘仁寺(こうにんじ)奈良市虚空蔵町

十三参り 服装画像引用元:http://ja.wikipedia.org/

があります。

関東であれば、

村松山虚空蔵堂(むらまつさんこくうぞうどう)茨城県那珂郡東海村

十三参り 服装画像引用元:http://blog.livedoor.jp/mikapanda/archives/50351710.html

が有名です。

しかし、現在はお参りする先も、虚空蔵菩薩とは限らず、日頃からお世話になっている神社仏閣へ足を運ぶ方が多いようです。

浅草寺で参拝される方も多く見られますよ。

主に関西地方に伝わる習慣「十三参り」は、お子様が大人になる為の初めての行事といっていいですね。

女の子の着物を準備することが大変ならレンタルでも、ワンピースでも構いません。
お子様の将来を願い、親子揃ってご近所の神社仏閣に足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする