ミュ―ズリーの食べ方教えて?朝食に取り入れたいです。

朝食をグラノーラからミューズリーに変えようという人が増えています。

ミューズリーは、咀嚼効果が高いので少量でも満腹感が得られるうえにに、ヘルシーで健康的ですから朝食にはピッタリ!その上、ミネラルやビタミン、食物繊維などをほとんどカバーしてくれます。

ミネラルやビタミンは、たんぱく質、糖質、脂質の代謝をスムーズにしてくれる役割があるし、食物繊維は現代人に不足しがちといわれている栄養素ですから、ミューズリーでこれらをカバーできるのはとてもラッキーです。便秘解消や口内炎の改善にも効果があるし、お肌のツヤやハリを復活させてくれます。

ミューズリー画像引用元 http://nzlife.net/wp-content/uploads/2013/06/skitched-20130607-213650.jpg

グラノーラとの違いは何でしょうか?

グラノーラもミューズリーもオーツ麦を主としたシリアル食品ですし、見た感じでは、それほど違いがわかりません。発祥地は、グラノーラがアメリカ、ミューズリーはスイスと違いますが。

スポンサーリンク

グラノーラとミューズの違いは?

ミューズリーは、オートミールの他に数種類の穀物をブレンドし、ドライフルーツやナッツなどを混ぜたもので、グラノーラのように糖分をコーティングしていません。ミューズリー自体に味がついていないので、牛乳やヨーグルトをかけて食べることが多いです。

一方、グラノーラはオーツ麦やナッツ類に植物性油脂やはちみつ、糖類、シロップなどの甘味料を混ぜてオーブンで焼き上げているので、多少の味がついているのでそのまま食べる場合もあります。

グラノーラの方がカロリーは高いです。カロリーを抑えて食物繊維やミネラル、抗酸化物質をバランスよく摂りたいのならミューズリーでしょうか。糖分もしっかり摂りたいという方はグラノーラかもしれません。

低カロリーなミューズリーは?

グラノーラに比べれば低カロリーのミューズリーですが、それでも低カロリーなミューズリーはあるのでしょうか?

ミューズリーはどれも栄養のバランスを重視していますので、そんなにカロリー差はないようです。一般的なミューズリーのカロリーは360~380kcal前後です。

もしかすると、カロリーよりも食べる量が問題かもしれません。

ミューズリーのおいしい食べ方は?

前の晩から牛乳などに浸しておき、翌朝食べる時にはすっかり柔らかくなっている状態で食べるのが基本的です。ミューズリーには甘みがないので、はちみつやシロップなどを添えて食べるといいかもしれませんネ。

★ミューズリーの食べ方

①ミューズリーとヨーグルトを容器に入れてよく混ぜ合わせます。ヨーグルトの量はヒタヒタになるぐらいに!ラップをかけて一晩冷蔵庫に入れておきます。
②はちみつ、メープルシロップ、レモン汁を混ぜ合わせておきます。
③器に入れたミューズリーに②をかけて出来あがり!

★ミューズリーのリゾット

リゾット
画像引用元 http://img.allabout.co.jp/gm/article/53767/cu20040707d0.jpg

お茶漬けのようにサラサラっといただきましょう。お好みのフルーツと一緒に盛り付けて♪

【材料】
ミューズリー 1カップ / 牛乳 約500cc / レモングラス 15cmの長さのもの10本 / メープルシロップ 大さじ1 / はちみつ 大さじ2 / マンゴ 1個

【作り方】
①折り曲げたレモングラスと200ccの牛乳を耐熱容器に入れ、レンジに3分かけます。
②熱々のミルクの中にメープルシロップ、はちみつ、ミューズリーを入れてざっとかき混ぜます。ミューズリーがひたひたに浸かった状態になるようにしますが、なっていなければ、牛乳の量で調整してレンジに1分半かけてください。
③あら熱が取れたら冷蔵庫に入れて一晩冷やします。表面にはミルクがほとんど見えず、ミューズリーが水分を吸って柔らかくなっています。
④レモングラスを取り除きながら器に盛り、お好みの量の冷たい牛乳をかけます。お好みのフルーツを一緒に盛り付けてどうぞ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする