メソセラピーで顔やせしたい!丸顔で悩む女子必見

ポッチャリしていて可愛いな♪と思う丸顔! でも本人からすると、その丸顔がとても深刻な悩みだったりするんですよね。

そんな私に、「メソセラピー」なるコトバが飛び込んできました(笑)。

さてさて、長年お付き合いした丸顔と、サヨナラできますでしょうか??

メソセラピー 顔やせ画像引用元 http://josei-bigaku.jp/beauty/kogaomake64587/

メソセラピー顔やせ施術で丸顔を変えたいということですが、メソセラピーとは体を切らずに注射を使い、直接脂肪細胞に脂肪溶解剤を注入して脂肪細胞を溶かす方法です。

メソセラピーは、全身や下半身はもちろん、顔やせ・脚など希望の部位にも施術可能で、脂肪の少ない顔の場合は、数回の施術で効果が分かります。

スポンサーリンク

メソセラピーと脂肪吸引の違いは?

メソセラピーは、脂肪吸引に比べて、不安が少ない、時間がかからない、費用がかからないというメリットがあり、体への負担が軽いのですぐに普通の生活に戻れます。

部分的に脂肪をとりたい、体に負担をかけたくない、学校や仕事を休まずに痩せたい、誰にも知られずに脂肪をとりたいという方には、メソセラピーはおすすめの方法かもしれません。

一方、通院する時間がない、とても太っているので広範囲の脂肪をとりたい、一回で痩せたい、体にメスを入れることに対して不安がないという方には、脂肪を吸引しただけ確実に痩せられる」という脂肪吸引の方がいいかもしれません。ただしリスクが高いですが!

メソセラピー 顔やせ画像引用元 http://xn--1-0i2bx21c1vbt63bcpaj11c.com/

 メソセラピーで顔やせへの施術の回数は?

二重アゴや頬の肉が気になる女性は少なくありません。このような気になる部分に適用できるメソセラピーは、ある意味女性にとってはうれしい痩身法かもしれません。

メソセラピーは、脂肪吸引の手術とは異なり、1度で劇的な変化は期待できません。最低でも3回は必要でしょう。1~2回だと満足のできる結果は得られないかもしれません。

ただし、顔の場合はやり過ぎは良くありません。メソセラピーのやりすぎでげっそりとしてしまい、老け顔になってしまいますので。

メソセラピーで顔やせへの術後の腫れは?

顔はやっぱり腫れてしまいます。腫れには大きな個人差がありますが、1回目は特に腫れが強くでます。1本注射すると強い腫れが2週間程度続きます。初施術の場合は、ダウンタイムは2週間以上と思っていた方がいいでしょう。

注射針で赤みや腫れも多少出ますので腫れない治療は無理です 化粧で隠せる程度の場合もありますが、人によっては大きく腫れることもあります。

また、腫れが引くまでの日数もさまざまです。1週間程度から、長い人だと1か月を要するケースも。そのため、顔に施術を受ける時は、外出することが少なく、人にあまり合わずにすむような時期を選んで行うのがよいかもしれません。

メソセラピーの施術は、医師の技量により左右されることが多いですので、きちんとしたクリニックで相談されることをおすすめします。お値段もクリニックによってさまざまです。

メソセラピーで顔やせへの術後の効果の継続は?

脂肪溶解注射は、基本的には1度では効果がありません。数回繰り返すことで効果が出てきます。場合によっては脂肪吸引を行ったくらいの費用になってしまうことも。

1回の治療で効果が出るケースもありますが、脂肪が多い場合は、2~3週間ごとに2~3回施術を受ける方が効果的です。また、しっかりとした効果が現れるまでには、2か月~10か月を要する場合もありますので、ドクターとよく相談しながら治療を行ってください。

メソセラピーは副作用がないといっても顔への施術ですので、実績や信頼の高いクリニックを選んで施術を受けるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする